フォト

サントリーグルメガイド

トリップアドバイザー

記事検索

« 仙台うみの杜水族館 | トップページ | だるま 焼鳥 野毛 横浜 »

2015/11/25

仙台うみの杜水族館でアシカ・イルカショーの席を確保してみるには「20分前」が大切!

さて、

昨日の記事でレポートした

仙台水族館ですが、

東北地方では初となるアシカとイルカのコラボショーが見ることができるとあって、

連日大盛況!

とくに休日ともなるとご覧の通り超満員であります。

32

ちなみに1時間前でもすでに席が埋まっている日もあります。

44

というわけで、

今回はイルカ・アシカショーをちゃんと座ってみるための攻略法をお届けいたします。

●ポイント1:チケットはかならず事前に購入。

ちなみにわたしが今回行った日は日曜日ということもあり、

チケットを購入するだけでも長蛇の列。

33

これではせっかく早く着いたとしても入館する時間が大幅に遅れてしまいます。

そこでWeb予約で事前にチケットを取ることをオススメします。

そうするとこのチケット購入の列に並ぶことなくそのまま入館できます。

ちなみに各人に転送して送ることもできるので、待ち合わせ時間が別々でもOK!

それからお子さまとかスマートフォンを持っていない場合でも1台でまとめて表示できるので、ご家族で利用することも可能です。

34

さらに、日程が変更になったりキャンセルになったりしても、有効期限以内であればいつでも利用可能なのでとても便利!

ぜひWebから事前に購入することをおすすめします。

Web入館券はこちらから。

●ポイント2:まずは2階に上がって席を確保。

見どころがたくさんある水族館ですが、ここはガマンして何も見ずに「うみの杜スタジアム」に直行しましょう。

で、人数分の場所を確保してからゆっくりとご覧になることをオススメします。

ここの水族館は1階と2階が自由に行き来できる構造になっておりますので、先に席を確保してから観て回ることをオススメします。

その際に必ず一人は必ず残って席を確保しましょう。

場所取りだけのために荷物だけを置くのはマナー違反ですので。

35

●ポイント3:お弁当やお菓子、飲み物を忘れずに。

水族館の中で唯一飲食が可能なエリアがこのスタジアムとその周辺のエリアであります。お子さま連れの方は特に待っている間の飲み物やお菓子がひっすですね。

もちろん売店もありますが、長蛇の列でありますのでこちらも覚悟が必要であります。

45

●ポイント4:圧倒的に3列目より前がおすすめ。

で、実は今回のポイントのなかでいちばんのポイントがこちら。

  • 開始20分前になると1列目から3列目までが開放される

ということ。

百聞は一見にしかず。

1時間前の客席。

46

3列目より前があいてますが、

開演前の客席は全て埋まっております。

40

で、

そのポイントはこちらの通路で待っている人達。

37

20分前になるとスタッフが通路の前にでてきて、

38

赤いテープをはずして前方に誘導してくれます。

39

ちなみにこの通路での早い遅いは無いのでどちらからでもOK。

一番空いている通路で並ぶことをオススメします。

ちなみに写真に写っている別のアトラクションに近いステージに向かって左手の通路は混んでいるようでした。

で、解放後すぐに満席。

40_2

で、

何といってもオススメは最前列。

プールに近いこともありますし、

41

アシカとイルカのコラボショーもこんなに間近で見ることが出来ます。

43

ちなみに、

1列目~3列目までは

  • 「水がかかる恐れ」

があるのでそれだけはご注意を。

ただ、最前列は少しかかっていたようですが、3列目でしたらほとんどかかってないようでした。

ただ、こればっかりはイルカのご機嫌次第ということもあるでしょうから、

3列目まではタオルを持参したほうがよいと思います。

以上4つのポイントでした。

参考になれば幸いです。

というわけでよい旅を!

●仙台うみの杜水族館
・住所:宮城県仙台市宮城野区中野4丁目6番地
・電話:022-355-2222

●その他の水族館レポート

« 仙台うみの杜水族館 | トップページ | だるま 焼鳥 野毛 横浜 »

観光スポット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/216501/62735710

この記事へのトラックバック一覧です: 仙台うみの杜水族館でアシカ・イルカショーの席を確保してみるには「20分前」が大切!:

« 仙台うみの杜水族館 | トップページ | だるま 焼鳥 野毛 横浜 »