« サッポロビール博物館 札幌 | トップページ | アサヒビール工場見学 吹田工場 »

2014/08/15

ニッカウイスキー工場 余市蒸留所

さて、

3年前に行った宮城峡

がとても良かったので、

今回は余市へいそいそと。

ニッカウイスキー工場 余市蒸留所であります。

31_2

正式名称は北海道工場というのかな。

33

で、

見学はフリーの見学とガイド付きの見学があるのですが、

今回はガイド付きを選択。

62_2

で、さまざまな、

34

歴史を感じさせる、

41_2

建物を見て回り、

40_2

それぞれの建物の中に、

蒸留するポットスチルや、

35

発酵タンクが有ったりします。

39

そして1号貯蔵庫には、

44_2

オーク樽で寝かされたウイスキーが。

43_2

そのほかにも

旧竹鶴邸や、

42_2

創業当時の社屋があって、

36

当時の様子を知ることが出来ます。

38

そして、

見学のメインは、ウイスキー博物館。

45_2

ヒゲのキャラクターがお出迎え。

47_2

多くの樽と、銅製のポットスチルがあったり、

46_2

ニッカウイスキーの歴史や、

48_2

「天使の分け前」

による香りの違いを楽しんだりすることができます。

49_2

そして数々の受賞ウイスキーの展示や、

50_2

最近の歴史もあったり。

52_2

そしてなんといっても有料試飲のコーナーが垂涎ですな。

51

一方無料試飲のコーナーもきちんとあります。

54

大きなホールで、

56

余市10年や、

55

鶴17年、アップルワインやソフトドリンクを楽しむことが出来ます。

63_2

ただ、惜しむらくは、ホールがとってもカジュアル。

さっきの有料試飲のコーナーと比べても雰囲気がまったく違う。

57

ま、

ガイドツアーじゃなくても試飲だけできるし、

大型バスツアーのコースになってたりしたら、

お客様が殺到するわけで、

たくさん捌くには仕方ないのかなあ。

58

ま、

そんな中でお土産コーナーは特筆モノ。

61_2

この蒸留所でしか手に入らない

シングルカスクや、

59

限定のシングルモルトを買うことができます。

60

お酒好きの方にはきっと喜ばれる一品かと。

というわけで、

よい旅を!

ごちそうさまでした。

ニッカウイスキー工場 宮城峡蒸留所のレポートはこちら。

●ニッカウイスキー工場 余市蒸留所
・住所:北海道余市郡余市町黒川町7-6
・電話:0135-23-3131

|

« サッポロビール博物館 札幌 | トップページ | アサヒビール工場見学 吹田工場 »

アルコール・ドリンク」カテゴリの記事

旅行」カテゴリの記事

観光スポット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/216501/60125597

この記事へのトラックバック一覧です: ニッカウイスキー工場 余市蒸留所:

« サッポロビール博物館 札幌 | トップページ | アサヒビール工場見学 吹田工場 »