フォト

サントリーグルメガイド

トリップアドバイザー

記事検索

« WATERMAN Blue Obsession Tokyo Exhibition ウォーターマン 万年筆 | トップページ | 千葉ロッテの応援のすごさ。 東京ドーム スイート倶楽部(SUITES CLUB) »

2014/06/09

高太郎 (こうたろう) 渋谷

1ヶ月前に予約して、よーやくこの日を迎えましたよ。

というわけで渋谷にいそいそと。

大人気のお店、高太郎であります。

43

店内はカウンター席とテーブル席。

今回は入り口に一番近い席ですが、この席が実は良かったりするんです。

46

というわけでまずはビールから。

44

そして、大豆とわらびのおひたし。

45

で、ココが一番いい席と言ったのは料理人の「手仕事」がすべて楽しめるから。

最近はこうしてカウンター越しに料理を見せるお店も多くなりましたが、

お客様のカウンターと同じ高さにまな板があるということがすばらしい。

これは自信のあらわれでもあるし、

「隠さない安心感」というのもお客様から見たらあるんだよなあ。

59

で、そのまな板で作っていただいたお造り。

今回はしまエビ、くろだい、しゃこ。塩で食べてもおいしい。

47

そーなると日本酒へ。

銘柄は食事にあわせてオマカセです。

石鎚 純米吟醸。

48

で、超絶の美味しさ、燻玉ポテトサラダ。これは必食ですな。

49

そうなると七本槍 垂れ口直汲生原酒。

50

金時草とキノコのおひたし。

51

そしてカニみそのグラタン。

いままで食べたカニグラタンの中で一番印象深いなあ。

52

そして風の森 無濾過無加水。

53

北海道2種類のとうもろこしかきあげ、牛しぐれ煮、太刀魚南蛮漬け。

このかきあげがまた絶品。

54

そしてメインは、

讃岐メンチカツ。

これはねー、この順番で揚げ物が出てきてもサクサク食べることが出来るわけですー。

55

中もジューシー。

56

そーなると喜久酔(きくよい)

57

そして〆は、ぶっかけうどん。

毎日打っているそうであります。

いやー、おいしいねえ。

58

というわけで大満足のお店でありました。

また行きたいー!

ごちそうさまでした。

●高太郎 (こうたろう)
・住所:渋谷区桜丘町28-2 三笠ビル 1F
・電話:03-5428-5705

« WATERMAN Blue Obsession Tokyo Exhibition ウォーターマン 万年筆 | トップページ | 千葉ロッテの応援のすごさ。 東京ドーム スイート倶楽部(SUITES CLUB) »

アルコール・ドリンク」カテゴリの記事

グルメ」カテゴリの記事

レストラン」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/216501/59784423

この記事へのトラックバック一覧です: 高太郎 (こうたろう) 渋谷:

« WATERMAN Blue Obsession Tokyo Exhibition ウォーターマン 万年筆 | トップページ | 千葉ロッテの応援のすごさ。 東京ドーム スイート倶楽部(SUITES CLUB) »