« 築地タマトミ (ツキジTAMATOMI) | トップページ | ヒルトン大阪 プール&ジムレポート »

2014/01/22

シャヴァンヌ展 ザ・ミュージアム Bunkamura

さて、

知人からプライベートビューイングにお誘いいただいたので、

Bunkamuraへいそいそと。

1

シャバンヌ展であります。

2

閉館後に鑑賞できるとあって、チケットセンターは閉まっております。

3

で、

展示会場はもちろん撮影禁止なので

感想をつらつらと。

いやー、今回は初めて体験させていただきましたが、

  • キュレーターの解説付きでゆっくり鑑賞できる

という時間自体がとてもプライスレスでした。

フレスコ画自体、あまり造詣は深くないのですが、

それらを間近に体験できると、時間と空間を飛び越えて、

1800年代に飛び越した感じ。

一番感動したのは

「祖国のための競技」

という作品。

もともと1枚の絵画だったのが2枚に分割されて所蔵されていたものが、

今回の展示会で仲良く隣同士で展示されていたこと。

100年ぶりのご対面ですな。

絵画ってすばらしい。

で、

帰りに図録をいただいたのでそれにて復習ー。

4

堪能させていただきました。

惜しくも3月9日まで。

●シャヴァンヌ展 ザ・ミュージアム Bunkamura
・住所:渋谷区道玄坂2-24-1
・電話:03-3477-9111(代表)

|

« 築地タマトミ (ツキジTAMATOMI) | トップページ | ヒルトン大阪 プール&ジムレポート »

テレビ・映画・芸術」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/216501/58987788

この記事へのトラックバック一覧です: シャヴァンヌ展 ザ・ミュージアム Bunkamura:

« 築地タマトミ (ツキジTAMATOMI) | トップページ | ヒルトン大阪 プール&ジムレポート »