« 不動前厨房 スプーン | トップページ | 焼肉韓菜 福寿 秋葉原店 »

2012/03/01

松屋と松屋 下総中山

「孤独のグルメ」という漫画がありまして、

Dsc07912

最近はテレビでも取り上げられたりして、

そうだ!

「マイこどぐる」

を開拓しよう!といそいそと。

すると左手に気になるお店が!

「松屋」。

Dsc09049

何がすごいって、右斜め前に牛丼の「松屋」があること。

だけど、

その店内は、そんな大手チェーン店とは一切無縁の独特の空間がありました。

Dsc07743
で、

初めて入るにはちと敷居が高い感じですが、

店内はこんな感じ。

Dsc07761

壁面には予想以上のメニュー数!!

ま、

ビールから。もちろんこーゆーお店ではラガー大瓶!

Dsc07750

小皿のかっぱえびせんがいい感じ。

そして、アテとして野菜炒めをオーダー。

Dsc07754

それと餃子。

少々の焼きムラなんて気にしません!

Dsc07756_2

そして、

メインはラーメン!

なんたって中華料理店ですから。

Dsc07762

さらに値段が驚愕の450円!

Dsc07764
スープは「ふむう」だけど、この値段でなるととチャーシューとほうれん草がはいっているんだもの。感謝しなくちゃ。

そして、

カツ丼。中華料理店だけど。

Dsc07766

で、

こちらも昔ながらのカツ。

Dsc07769

いいねぇ!

ホントにどれも「昔ながら」の味。

決して行列ができるわけでもないし、とびきり美味しいわけではないのだけど、

マスターに聞いてみたら、

すでに3代目で昭和6年からこの地でずーっと営業しているとのこと。

こーゆーお店はぜったい応援したくなるんだよなー。

だって、一つのお店を守り続けて80年だよ。

その間にいろいろあったと思うのだけど、

それでも「味」と「暖簾」を守り続けることって

たいへんだったと思うんだよなー。

「息子が4代目になってくれるといいなー。」

なんて話すマスターにご馳走様でした。

●松屋食堂
・住所:船橋市本中山2丁目18-5
・電話:047-334-0537

|

« 不動前厨房 スプーン | トップページ | 焼肉韓菜 福寿 秋葉原店 »

アルコール・ドリンク」カテゴリの記事

グルメ」カテゴリの記事

レストラン」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/216501/54108137

この記事へのトラックバック一覧です: 松屋と松屋 下総中山:

« 不動前厨房 スプーン | トップページ | 焼肉韓菜 福寿 秋葉原店 »