« 炭火やきとり 富吉 本八幡 | トップページ | 第9回 フェイスブックインテグレーションセミナー »

2012/02/15

傍聞き 長岡弘樹

いやー、

  • 帯ってタイセツ

って思いました。

久しぶりにふらっと書店に入って。

別の本を探していたときに、

この帯が目に入るわけです。

Dsc07057

国内ミステリー部門ダントツの第1位!

ですと。

というわけで、衝動買い。

で、

結論。

すっげー面白かった。

瞬殺でした。

===ここからはちとネタバレあります。===

内容は珠玉の短編ミステリーが4本。

  • 迷走
  • 傍聞き
  • 899
  • 迷い箱

の中で、

ダントツのお気に入りは

  • 迷走

だなあ。

あの「収拾のつかなさ感」から

あんなどんでん返しがあるなんて思いもしませんでした。

一番痛快なエンディングだったなー。

で、

そのほかのどれもが

伏線がタイトルからちりばめてあって、

それがキーワードとなってエンディングを迎えるという仕掛け。

  • 傍聞き

もまた良し。

実は一番優しいのは子ども。

そんな、本に出会うことは

美味しいお弁当に出会うことと同じくらい幸せ。

Dsc07052

ご馳走様でした。

|

« 炭火やきとり 富吉 本八幡 | トップページ | 第9回 フェイスブックインテグレーションセミナー »

書籍」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/216501/53978913

この記事へのトラックバック一覧です: 傍聞き 長岡弘樹:

« 炭火やきとり 富吉 本八幡 | トップページ | 第9回 フェイスブックインテグレーションセミナー »