« ブルーマン 六本木 BLUE MAN | トップページ | 焼きとん みやび屋 幡ヶ谷 »

2011/12/28

ニッカウイスキー工場 宮城峡蒸留所

今年の最後ははどこの工場に行こうかと思ったときに、

やっぱり今年は仙台なんだよなー。

というわけで、ニッカウィスキーへいそいそと。

Dsc04291

自然に囲まれたとても癒される雰囲気。

Dsc04300

さっそく受付を済ませて時間までロビーで待ちます。

竹鶴さんの画がお出迎え。

Dsc04296

そして、

その後はガイドさんに連れられて、

Dsc04303

仕込み棟→蒸留棟と見て回ります。

Dsc04309

そして、貯蔵庫。

ここではウイスキーを熟成させることが以下にタイセツか、

その香りをかいで確認することができます。

Dsc04318

そして、

お目当てはもちろん、試飲コーナー

今回はキャンペーン中ということで4種類。

Dsc04322

試飲会場は準備万端。

Dsc04323

まずは、宮城峡10年。

Dsc04325

そして、鶴17年。

Dsc04326

そして、

こちらが見学者800万人達成を記念して特別試飲として用意された

シングルモルト宮城峡。

Dsc04327

で、

米沢牛さらみをアテに購入して味わうわけです。

Dsc04328

で、

こんなのは序の口。

本来の目的は、「有料試飲コーナー」。

Dsc04339

普段ボトルで買ったりお店で飲んだりすると数万円するものも、

1ショットが1,000円未満で味わえるわけです。

Dsc04332

で、

シングルカスク12年(フルーティ&リッチ)をオーダー。

アルコール度数60度以上。

もちろんストレートでいただきます。

Dsc04335

これはねー、

喉から食道を通って胃に入るまで、

ずーっと至福の余韻が続くんだよなー。

というわけで、迷わず購入してしまいました。

Dsc04337

モルティー&ソフト。樽番号18549。

Dsc04900

今夜はこれで

ゆっくりと酔いを楽しむことにします。

●ニッカウイスキー 宮城峡蒸留所
・住所:宮城県仙台市青葉区ニッカ1番地
・電話:022-395-2865

●おまけ。

もちろん仙台工場だけに震災を間近に感じているわけで、

こーゆーメッセージも思い入れが伝わってきます。

Dsc04299

|

« ブルーマン 六本木 BLUE MAN | トップページ | 焼きとん みやび屋 幡ヶ谷 »

アルコール・ドリンク」カテゴリの記事

旅行」カテゴリの記事

観光スポット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/216501/53553876

この記事へのトラックバック一覧です: ニッカウイスキー工場 宮城峡蒸留所:

« ブルーマン 六本木 BLUE MAN | トップページ | 焼きとん みやび屋 幡ヶ谷 »