« 冨岳(富岳) 下呂温泉 温泉旅館 温泉編 | トップページ | NO LIMIT(ノーリミット) 自分を超える方法 栗城史多 »

2011/06/03

冨岳(富岳) 下呂温泉 温泉旅館 食事編

昨日の温泉編にひきつづき、食事編。

部屋食だったので、

近くの温泉街を散歩してふらっと入った酒屋でみつけた

天領 ささにごり 純米吟醸で

Dsc06055
今晩の食事を楽しむことに決めました。

4

前菜は、ヒスイ豆腐、蛍烏賊沖漬、春の白和え。

お造りは鮪平造り、樽烏賊、カンパチ。

Dsc06061

ふうむ。

個人的にはせっかくココまできてマグロとイカかー、って思うんだよなー。

もちっと川のものがあってもいいと思うんだけど、

きっとこーゆー席でマグロがないとがっかりするお客さんもいるんだろうね。

で、

天ぷら。これも定番だねぇ。

Dsc06062_2

そして、

尼子塩焼きとキャラブキ。

そうそう!食べたかったのはこーゆー「ロコもの」だよ!

Dsc06063_2

そして炊き合わせは、

六角芋、筍、とこぶし、揚三色巻、梅麩、木の芽。

Dsc06065_4

そして、メインは

お待ちかねの飛騨牛朴葉味噌ステーキ 人参 じゃがいも ブロッコリー添え

Dsc06070
そして、

温泉松前蒸し 帆立 白身魚桜葉巻 こも豆腐 ミニアスパラ 道明寺麩 エリンギ

Dsc06072_2

そして

お吸い物で〆。

水前寺つみれ 桜花塩漬 芽葱 蛇腹筍。

Dsc06074
全体として

素材を活かした素朴な味付け。個人的にはお気に入り。

で、

朝食もなかなかもボリューム。ちなみに朝食も部屋食。

Dsc06138
昔はバイキングが良かったけど、いまはゆっくりできる部屋食がいいなあ。

一番のお気に入りは

焼き味噌。

Dsc06141

これ、ご飯が何杯でもすすみます。

いやー、

美味しくいただきました。

ご馳走様でした。

お風呂編はこちら。

●下呂温泉 温泉旅館 冨岳(ふがく・富岳)
・住所:岐阜県下呂市湯之島898
・電話:0576-25-3428

|

« 冨岳(富岳) 下呂温泉 温泉旅館 温泉編 | トップページ | NO LIMIT(ノーリミット) 自分を超える方法 栗城史多 »

アルコール・ドリンク」カテゴリの記事

グルメ」カテゴリの記事

ホテル・旅館」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/216501/51839099

この記事へのトラックバック一覧です: 冨岳(富岳) 下呂温泉 温泉旅館 食事編:

« 冨岳(富岳) 下呂温泉 温泉旅館 温泉編 | トップページ | NO LIMIT(ノーリミット) 自分を超える方法 栗城史多 »