« 2010年9月 | トップページ | 2010年11月 »

2010年10月の31件の記事

2010/10/31

ダ イーサ(Pizzeria e trattoria da ISA) ダ・イサ 中目黒

世界ピッツア選手権チャンピオンの山本さんのお店。

おいしいよー!と友人のオススメをうけていそいそと。

Dsc06818

ま、もちろんビールから。

レーベンブロイ。

Dsc06826

で、

はやる気持ちを押さえて、

マグロのカルパッチョから。

Dsc06836

で、

店員さんにオススメを聞いたら、

やはり「マルゲリータ」とのこと。

ま、その中でも

  • マルゲリータ ドック(2,250円)

が一番とのことでした。

普通のマルゲリータと何が違うかというと、

  • モッツァレラチーズが水牛のモッツアレラにグレードアップ
  • トマトソースのほかにミニトマトも入る

という点。

あ、もちろん値段も、1,650円から2250円になります。

で、どーんと登場!

Dsc06850

でかっ!

いちお、iPhoneと比較。

Dsc06852

トロトロチーズとトマトが食欲をそそります。

Dsc06853

いやー、これは美味しいねぇ。

トマトとチーズは王道だねぇ!!

そーなると赤ワインに突入するわけです。

Dsc06845

で、

個人的に最近ハマっている

  • クアトロ フォルマッジ(2,350円)

をオーダー。

モッツァレラ、ゴルゴンゾーラ、タレッジョ、パルメザンの4種類。

続きを読む "ダ イーサ(Pizzeria e trattoria da ISA) ダ・イサ 中目黒"

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2010/10/30

甲州ほうとう 小作 甲府駅前店

せっかく甲府にきたのだから

  • ほうとう

を食べて帰ろうということになり、

駅前の有名店、小作へいそいそと。

Dsc06069

おくまで結構ひろいお店でした。

で、

まずはビールから。一番搾り。

Dsc06081

そして、ほうとうの前に

甲州とりもつ煮。

Dsc06086

これはうまいっ!!

そりゃ駅前に

B級グルメグランプリ全国制覇しただけのことがあります。

Dsc05927

そりゃ駅前に横断幕がかかるだけあるよなー。

そして、もうひとつの名物

甲州ワインビーフのタタキ。

Dsc06091

続きを読む "甲州ほうとう 小作 甲府駅前店"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010/10/29

しら石 (しらいし) 目黒

先日、

ハッピーバースデーのお祝いでお招きいただきいそいそと。

しら石です。

Dsc06703

店内はカウンターとテーブルと個室があります。

Dsc06806

ま、

もちろんビールから。

エビスです。

Dsc06705

で、

レンコン炒めなますから。

Dsc06713

そして、蒸し野菜。そぼろ味噌がいい感じ。

Dsc06723

そーなると、

「まえ割り焼酎」

今回は伝。黒ぢょかでいただきます。

Dsc06727

で、白子ポン酢。今年初。

Dsc06731

いやー、

お酒も料理も美味しいねぇ!

で、汲み上げ湯葉に突入。

続きを読む "しら石 (しらいし) 目黒"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/10/28

新橋 お多幸 おでん

おでんの超有名店だけど、

実は初めてお邪魔しました!

ま、

まずはビールから。

琥珀エビス。

Dsc06478

で、

おでんの前に、カツオおろしポン酢。

Dsc06482

で、

いよいよおでんがどーん!!

Dsc06486

3人で行ったのですが、

定番の大根はみんな1個づつ。

あとは好きなものを3個づつ。

というオーダーで、

豆腐、いいだこ、たまご、がんも、牛すじ、つみれ、ぎんなん、こまつな、ねぎま

の9種類をお好みでチョイス。

続きを読む "新橋 お多幸 おでん"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/10/27

サントリー登美の丘 自家ぶどう園特別ワイナリーツアー

最近、妙にワインづいているのですが、

その勢いをかって、

サントリーさんのワイナリーに行って来ました。

今回は特別ワイナリーツアー。

なんと年間で3日間しか開催されないツアーだそうです。

内容は

==================

自家ぶどう園特別ワイナリーツアーは、収穫期のぶどう畑で果実や葉の様子を実際に間近で体感いただきながら、登美の丘で長年培ってきたワインづくりにかける情熱やこだわりを、ぶどうづくりを熟知した当ワイナリーの専門技師が伝える特別プログラムです。その他、樽熟庫・瓶熟庫などの見学や、当ワイナリーの最高峰ワイン「登美」などの試飲なども行います。(サントリーHPより)

==================

というもの。

さっそく普段のツアーでは行けないワイナリースペースにバスで移動。

Dsc05952

遠くに富士山も見渡すことができます。

で、

シニアスペシャリスト 大川さんの熱い解説を聞くわけです。

Dsc05961

で、この道の右は試験栽培ゾーン。

この道の左は試験栽培ゾーンで成功した品種だけを栽培する選抜ゾーン。

Dsc05964

さて、自分に重ねてみて、果たして「選ばれる」人になっているかなーとか考えたり。

Dsc05966

ま、

当日ご一緒いただいたガイドさんと「選抜ゾーン」前で記念写真を撮ってよしとします。

1

笑顔がとてもステキな方でした!

で、

その後工場に移動して、工場見学開始。

Dsc05974

まずは、歴史を学びます。

Dsc05988

で、醸造棟の破砕・圧搾場と

Dsc05997

醗酵室を見学して、

Dsc06003

瓶詰め工程へ。

Dsc06010

その後にいわゆる「寝かせ」ている場所を見学。

第4貯蔵庫。

Dsc06017

この中に入るとすでにぶどうのいい香りが。

まずは樽熟庫。

Dsc06029

そして、瓶熟庫。

Dsc06022

そして、

いよいよテイスティングの始まりです!

Dsc06039

テイスティングのワインは左から順に、

  • ジャパンプレミアム甲州 2008
  • 樽発酵甲州 2008
  • 登美の丘シャルドネ 2008
  • 登美の丘(赤) 2008
  • 登美(赤) 2005

という順番。特に最後の「登美」は1本12,600円というお値打ちモノ。

続きを読む "サントリー登美の丘 自家ぶどう園特別ワイナリーツアー"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/10/26

Hi's GINTO(ヒズ ギント) 新宿三丁目店

ハッピーバースデーのお祝いで、

新宿にいそいそと。

Hi's GINTO(ヒズ ギント)です。

店内はこんな感じ。

Dsc06270

で、

さっそくビールから。エーデルピルスです。久しぶり!

Dsc06278

で、

まずはパンをいただきつつ、

Dsc06282

スモーク盛り合わせ。

チーズと鴨とタコ。

Dsc06288

いやー、スモーク感がとても心地よい。

で、

せせり炙り。

Dsc06298

ブラバスポテトとすすむわけです。

Dsc06293

そして、

メインは魚介の炭火焼盛り合わせ。

Dsc06313

海老とタコがいい感じでしたー!

続きを読む "Hi's GINTO(ヒズ ギント) 新宿三丁目店"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/10/25

一羽(ICHIWA) 軍鶏料理・鶏料理 銀座

前の会社の同僚からツイッター上で

  • たまには飲みに行きましょうよー!

とさそわれていそいそと。

最近はツイッターでの飲み会頻度が多いねぇ!

というわけで、

一羽。鶏料理とワインのお店です。

Dsc06326

店内はこんな感じ。

Dsc06443

で、

まずはビールから。スーパードライ。

Dsc06335

で、

ここからはおまかせ焼き鳥で、

スタートストップでいただくわけです。

なのでぞくぞくと。

まずはねぎまから。

Dsc06340

つづいて、わさび焼き。

Dsc06345

つしてつくね。

Dsc06362

で、そーなると

コノ・スル コンバージョンに突入。

Dsc06355

まだまだおまかせ串はつづきます。

地鶏とうずらの卵ブラックオリーブとトマトのソース。

Dsc06367

で、

今回はこんなメンバー。

Dsc06427

2人ともクリエイティブ力と開拓力と実現力があって、

ネット上の新しいコンテンツへのチャレンジ精神をいつまでも失わない人たち。

いまでもこーして

お誘いいただけることに感激ですっ!

久しぶりにあって、それぞれ生活が違っているのに、

その違う話題を話しても

一緒に働いたときの

  • 気のおけない突っ込み

があったりして、それが「共通の軸」というか「一緒に仕事をした証」としてぶれないことで、とても心地よかったり。

続きを読む "一羽(ICHIWA) 軍鶏料理・鶏料理 銀座"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/10/24

立ち呑 こひなた(小日向) 新橋

新橋はやっぱりディープな街だねぇ。

ということを確認しに、新橋駅前ビル2号館へ。

新橋駅前ビル1号館は通路も広めなのですが、

Dsc06508

新橋駅前ビル2号館の通路はこんな感じ。

Dsc06509

1号館よりディープな感じです。

知らないとなかなか足を踏み入れることにためらいを感じますが、

その中でも比較的入りやすいお店が

こちらの「こひなた」。

2号館の中では比較的広い立ち飲みのお店です。

Dsc06510

仕組みは代金引換なので、器にお金を入れてからオーダーします。

Dsc06512

なんといっても

こちらの人気の秘密は創業以来の価格といわれる

おつまみ200円シリーズ!

Dsc06516

こちらに書いてあるすべてのおつまみが200円!

さつま揚げも200円。

Dsc06519

卵焼きも200円。

Dsc06521

で、

こんな価格を支えるお母さんがまたいい感じなんです!

続きを読む "立ち呑 こひなた(小日向) 新橋"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010/10/23

マクドナルド ビックマック賞はどこまでビックマック賞なのか。

普段はまったく食べないのですが、JALに搭乗する際に、

  • JALタッチ&ゴーサービス

なるものを利用すると、

  • QuiC×マクドナルドキャンペーン

なるものに自動的に参加できるわけです。

概要はこんな感じ。

=====================

保安検査場端末機で出力される「ご搭乗案内」をお渡しします。 裏面に印字された 無料引換券を、店頭に持参されますとマクドナルド商品を無料でプレゼントいたします。

=====================

つまり、

搭乗案内券

Dsc06663

ウラにこのように印刷されているわけです。

これはコーヒー当選券。

Dsc04742

そしてこれは

ビックマックセット当選券。

Dsc05669

ま、

上記の場合は文句なくそれぞれの商品がもらえるのはわかるのですが、

どうも、

  • 表面の搭乗案内券

  • 裏面のマクドナルド商品無料引換券

の大きさが違うらしく、

こんな状態で出力されるときもあったりします。

Dsc04744

ふむう。

これはコーヒー賞なのかビックマック賞なのか悩むところです。

そこで、意を決して

マクドナルド市ヶ谷店にあえてお昼時におそるおそるこの用紙を出してみました。

Dsc06548

続きを読む "マクドナルド ビックマック賞はどこまでビックマック賞なのか。"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/10/22

熊野古道と熊野三山巡り

といってもすべてを歩くには体力も時間もないので

レンタカーでくるくると。

まずは、

道の駅「熊野古道中辺路」にクルマを止めて、

中辺路(なかへち)へ。

Dsc05517

道はこんな感じでイオン感満載!

Dsc05501

で、箸折峠の牛馬童子に会いに行くわけです。

Dsc05525

意外とこじんまり。

Dsc05528

そして道を引き返して、ここから聖地・熊野三山を一気に制覇。

まずは熊野本宮大社。

Dsc05544

参道を登ったところに現れる本宮は荘厳そのもの。

Dsc05548

そして、熊野本宮大社の旧社地にある大斎原(おおゆのはら)の大鳥居。

Dsc05554

つづいて、熊野速玉大社。

こちらは一番キレイなコントラストだったなー。

Dsc05565

そして、大トリは

熊野那智大社。

こちらの参道が一番大変。

Dsc05600

だけど登ったときの感動とそこにたたずむ

  • 空間景

は絶品そのもの。

Dsc05603

さらに、

そのおくまで足を伸ばせば、那智の滝と三重塔の2ショットが!

続きを読む "熊野古道と熊野三山巡り"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010/10/21

初めての富士登山 事前準備編。

以前の記事で

を書きましたが、

  • 来年も行こう!

とか

  • 次回は一緒に連れて行ってください!

とか

いろいろなご意見をいただいたので備忘録として準備編をお届け。

●事前に買っておくもの。

初めて行く方で必須で買う必要があるのは

  • 登山靴

ですね。

これはどんなことがあっても「ちゃんとした」モノを買うべきです。

Dsc01663_2

ちなみに私が買ったのは他に

リュック、防止、ライト、手袋、厚手の靴下、酸素

といった感じ。

この中で、「買ってよかったなー」というのは

  • ライト
  • 帽子
  • 厚手の靴下

だったなー。

あ、防寒もかねて一番着用してラクだったのは

  • ユニクロのヒートテック上下

です。笑

このあたりは専用の高いのを買わなくても代用できる感じでした。

で、もって行かなくて

  • 「あればよかったなー」

と思ったのは

  • マスク

これは後で理由を説明しますね。

で、

そのあたりは「好日山荘」とかに行くと、

富士登山コーナーがあって必要なものがそろうようになっています。

Dsc01055

●交通手段編

今回は新宿発のツアーを選びました。

続きを読む "初めての富士登山 事前準備編。"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/10/20

アドベンチャーワールド 南紀白浜 ツアー&アトラクション攻略法。

アドベンチャーワールドを一番楽しむ秘訣。

  • 朝一番でツアー&アトラクションを予約すること

にあります。

特にパンダに大接近できる

  • パンダバックヤードツアー(定員30名)

は大人気。

9:30の開園と同時に売り切れます。

なので、皆さん開演前から並ぶわけです。

というわけで、

アドベンチャーワールドを楽しむ秘訣をまとめてみました。

●ツアー&アトラクション申し込みについて

平日はともかく、休日に「パンダバックヤードツアー」を申し込もうと思ったら、

7:00には来ることをおすすめします。

で駐車場が空き次第、ゲートに並ぶことが必須です。

なぜかというと

パンダバックヤードツアーは

  • 「毎日30名限定」

最大で1組5人まで申し込みができるので、それぞれが最大人数で申し込むと

わずか6家族の狭き門。

で、

  • 入り口のゲートは6箇所。

というわけで

確実に「パンダバックヤードツアー」を申し込もうと思ったら、

最前列で並ぶのを待つことは必須です。

クルマでお越しになるのでしたら、折りたたみの小さいイスを持ってきてもいいかもしれません。

私が休日の8:30に行ったときにはすでにご覧の長蛇の列でした。

Dsc04976

で、

最前列に並んでいる方にお話を伺うと、前述の通りでした。

で、ゲートのどこが一番いいかというと、

ゲートを入ってすぐのところにツアー&アトラクション受付があり、

こちらも6箇所に分かれてます。

Dsc04983

  • 1、パンダバックヤードツアー
  • 2、エレファントライド
  • 3、アニマルパトロール、アニマルレスキュー、ジープサファリツアー、ファミリージープ
  • 4、ドルフィンフィーディング、
  • 5、マリンファールドフォトラリー
  • 6、ドルフィンフレンドシップ、アシカフィーディング

というようにわかかれているわけです。

というわけで、

どのツアーに申し込むかによりますが、パンダバックヤードツアーでしたら1番なので左側のゲートで並んで待ったほうがいいことは言うまでもありません。

ちなみにパンダバックヤードツアー以外もすぐに売り切れること必至で、

開園と同時に皆さんお目当てのツアー申し込みの列にならぶわけです。

Dsc04996

で、結局

私たちが8:30について並んで取れたのは、

第一希望のドルフィンフレンドシップが私の2組手前で受付終了となり、

アニマルパトロールをとりました。

Dsc04997

なので、「パンダバックヤードツアー」狙いでなければ、8:00くらいまでに行けばたいていは希望のツアーがとれると思います。

●複数のツアー&アトラクションの予約について、

これは可能です。

早めに仲間同士でならんで、1人はサファリ、1にんはドルフィン、1人はエレファントライドの列でそれぞれ予約することが可能です。ただし、体験時間がすべてきまっていますので、優先順位を決めておかないと、同じ時間帯に取れてしまい、どちらかを断念ということにもなりますので注意が必要です。

●チケット販売と、ゲート並びについて。

まずはゲートに並ぶことを優先しましょう。そのあとに時間がたくさんあるので、だれかが列に残って、他のメンバーがチケット発売窓口で購入するようにするのがいいと思います。もちろん旅行代理店経由で購入した「引き換え券」の場合も同様です。

●ケニア号の乗車時間について

続きを読む "アドベンチャーワールド 南紀白浜 ツアー&アトラクション攻略法。"

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2010/10/19

アドベンチャーワールド 和歌山 南紀白浜

双子のパンダ

海浜と陽浜を見にアドベンチャーワールドへ。

Dsc04973

で、バースデー特典があるらしく、

どうせだったら誕生日に行こう!

ということで、いそいそと。

Dsc04982

そうなんです!

誕生日当日だと3800円が無料!!これは大きいねぇ!

で、

さっそく、開園後、パンダ舎へ一目散!

すでにすごい人人人。。。

Dsc05003

で、

順番に待って、ようやくご対面!

Dsc05048

いやー、かわいい!という表現はこの2頭のためにあるんじゃないかと思うほどのクオリティ!

一方大きなパンダはグッタリ。

ま、こんなカタチで寝ているだけでもかわいいのですが。

Dsc05046

で、

つづいて

イルカのショー。

Dsc05060

これは圧巻だったねぇ!

特にエンディング。

動画でおすそ分け。

で、

ケニア号に乗ってサファリゾーンへ。

Dsc05127

クマや

Dsc05120

ライオンを間近で見ることができます。

Dsc05115

続きを読む "アドベンチャーワールド 和歌山 南紀白浜"

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2010/10/18

ベージュ東京 アラン・デュカス (BEIGE ALAIN DUCASSE TOKYO) 銀座

自分じゃ絶対いけないようなお店に

お世話になっている方からお招きいただいていそいそと。

シャネルとグループ・アラン・デュカスとの合弁会社が運営しているレストランです。

Dsc05749

シャネルのビルの10階までエレベーターであがります。

店内はこんな感じ。

Dsc05846

ま、

ここでもビールから。

Dsc05759

プレミアムモルツ。グラスがかわいい!

で、お店のかたの秀逸なやりとりがこちら。

店:「食前酒は何かお召し上がりになりますか?シャンパンやカクテルなど」

といって渡されたメニューにはビールが載っておらず、

シャンパンやワインやカクテルのグラスメニューがつらつらと。

そこで思い切って、

Y:「すみませんビールはありますか??」

と聞くと、

店:「はい。プレミアムモルツがございます。」

とのこと。

なので、

Y:「こーゆーお店でまずはビールをオーダーする人はいないのでしょうね?」

と聞いたら、

店:「いえいえそんなことはございません。ビールは万国共通の飲み物ですから!」ってさ!

こーゆー敷居の高いお店で、

  • お客様を小ばかにしない軽妙なトーク

ができるスタッフがいるお店はいいよねぇ!

というわけで、

アミューズは鎌倉野菜。アンチョビとブラックオリーブのソースがとても美味!

Dsc05778

で、

この一品でビールは飲み終わるわけで、コースが始まるときには

赤ワインに突入。

GIGONODAS DOMAINE LES GOUBERT

Dsc05782

これは美味しかったなー!

お店の方曰く、

  • 「上質なオリーブオイルが喉を抜ける感じ」

ですと。

この「喉を抜ける」っていう表現がいいねぇ!

ちなみにこのワインは知名度だけがないワインで皆さんがそれに気づいたら殺到して入手困難になりますよーとのこと。

確かにおいしかったなあ!

で、

コースの前菜は、雉のサラダ、セップ茸のマリネと雉のクロスティーニ。

Dsc05794

奥にフォアグラを焼いたものをトッピングしたパンも。

そして、

もう一つは

スープ・ド・ポワソン オマール海老、毛蟹、鮑

Dsc05791

ソースがとても美味しい!!

そして、メインのお魚は、

オマール海老のポシェ、サラダのタルティーヌとセップ茸のロースト。

Dsc05800

お肉料理は

岩手産 短角牛のロースト、季節野菜のグラッセ。

Dsc05822

他にも、

北海道オークリーフ牧場 乳飲み仔牛、サラダのプレゼとセップ茸のソテー。

Dsc05814

どれも美味しいねぇ!

で、実はナイフの使い方でお店の方に指摘されてしまいました。

Dsc05823

続きを読む "ベージュ東京 アラン・デュカス (BEIGE ALAIN DUCASSE TOKYO) 銀座"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/10/17

ナギサビール直営レストラン バーリィ(Barley) 南紀白浜

というわけで、

とれとれ市場で飲んだ、なぎさビールがとても美味しかったので、

その勢いで直営レストランへ。

バーリィです。

Dsc04914

店内はゆったりめのつくり。

Dsc04916

で、

もちろんビールから!!!

Dsc04929

左がペールエール。右がアメリカンウィート。

ペールエールはフローラルなアロマホップ「カスケード」の香り、

アメリカンウィートはスパイシーなアロマホップ「ザーツ」の香り。

で、

どちらも仕込み水は地元の名水、「南紀白浜 富田の水」を使用。

さらに驚くべきはその値段。

1杯なんと530円!!!

やすいー!!

フツーは地ビールのレストランってもっと高いイメージがあったけど

リーズナブルに提供していただけるのはうれしいかぎり!!

で、

そーなると、

紀南名物、うつぼのバリバリおつまみと

Dsc04936

自家製ピクルスでビールをいただき、

Dsc04952

元ブルワー、シンドラーさん手作りの3種盛りに突入するわけです。

ウインナー、ビアヴースト、ベーコンの組み合わせ。

ベーコンが美味しかったなー。

Dsc04940

で、

メインはパスタ。

ホタテとキノコのペペロンチーノ。生パスタ使用だそーです。

続きを読む "ナギサビール直営レストラン バーリィ(Barley) 南紀白浜"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/10/16

とれとれ市場 南紀白浜

さてさて、

南紀白浜の観光スポットとして定着しているのが、

「とれとれ市場」です。

Dsc04780

中はこんな感じで大賑わい!

Dsc04783

その名のとおり取れたて新鮮なお魚を

買って帰るもよし、その場で食べるもよしなわけです。

買って帰るコーナーはどれもつい買ってしまいそうになる品質!

お魚はもちろんのこと、

Dsc04786

貝類だって充実。

Dsc04843

そして、なんたってこのマグロの量と質は特筆モノ!

Dsc04840

その場で切ったものを試食させてくれたりもします!

Dsc04835

なので、

いきおい、イートインコーナーで鉄火丼を頼むべく、列に並ぶわけです。

Dsc04789

ま、

あいかわらずビールからですけど。

Dsc04801

で、

ついでにお刺身も販売していたので、購入。

この鯛のおつくり半身で1,200円。

Dsc04798

続きを読む "とれとれ市場 南紀白浜"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/10/15

ホテル天山閣 海ゆぅ庭 南紀白浜 食事編

さて、

昨日の露天風呂編につづいて食事編です。

これがまた温泉に負けず劣らずいい感じでした!

まずは夕食から。

食前酒で梅酒をいただいた後は

もちろんビール!

Dsc05379

先付から。

Dsc05373

銀杏豆腐 雲丹 くこの実

栗真丈 丸十蜜煮

秋刀魚昆布巻き

合鴨薫製

そして、刺身。

伊勢海老、平目、マグロ、カンパチという王道4点盛り!

Dsc05390

このイセエビのツヤツヤプルプルコリコリ感がたまりません!!

Dsc05392

そして、炊き合わせは

海老芋万頭 紅葉人参 青身 木の芽

Dsc05400

さらに、

合肴として 海鮮スープ仕立て。

Dsc05385

そーなると、

お酒もせっかくなので和歌山県の日本酒に。

羅生門 吟醸。

Dsc05396

そして、

焼肴として 牛ロース石焼 ブロッコリー エリンギに突入。

続きを読む "ホテル天山閣 海ゆぅ庭 南紀白浜 食事編"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/10/14

ホテル天山閣 海ゆぅ庭 南紀白浜 露天風呂編

地元の人に聞いても、ネットでみても

南紀白浜で、「海ゆぅ庭」に泊まったよ

って言うと、

  • いいところに泊まったねぇ!

となるらしい。

温泉が特に。

というわけで、

海ゆぅ庭。外観はとても質素なつくり。

Dsc05305

だけど、

室内はきちんと手入れが行き届いている感じ。

Dsc05281

で、

ここはなんといっても

露天風呂つき客室!

それも源泉かけ流しという贅沢さ!あとは水をいれて温度を調整するだけ。

Dsc05296

で、

湯船につかって太平洋が一望できるわけです。

なので、夕暮れ時なんて、

Dsc05354

暮れゆくケシキをサカナに

湯船でゆっくりビールを飲むという、

もう至極のひとときが味わえるわけです!!!

Dsc05349

こーゆーときって特におつまみはいらないんだよなぁ。

続きを読む "ホテル天山閣 海ゆぅ庭 南紀白浜 露天風呂編"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/10/13

ホテルラフォーレ南紀白浜

初めての南紀白浜!

で、

せっかくなので1泊目と2泊目は場所を変えてみよう!

ということで、

1泊目:シテイホテル

2泊目:温泉旅館

というチョイス。

なので、1泊目はシティホテルということで選んだのがラフォーレ南紀白浜。

Dsc04777

ロビーは開放感があるつくり。

で、

部屋もフツーのツインなのにとても広い!

Dsc04754

これ、ツインじゃなくてトリプル仕様の部屋だったんだろうなー。

ちょっと室内はくたびれた感が否めないけど、

ココのウリはそんなものではありません。

なんといっても

最上階にある展望台浴場!

ラウンジも併設!

Dsc04775

脱衣場からも海が一望!

Dsc04762

続きを読む "ホテルラフォーレ南紀白浜"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/10/12

モノの見方 その10

久しぶりだねぇ。このシリーズ。

さっそくつらつらと。

15時2分のあとは16分待たないと電車が来ない。

16時2分のあとは4分待てば電車が来る。

Dsc00094

韻を踏んでみる。

うしはま、はいじま、あきしま。

Dsc00380

ごちそうさま。

下り運転なのに、

Dsc02250

上りですけど。。。

Dsc02248

ってゆーか、

このドア、開くの大変じゃない?

Dsc03327

鍵穴あるけど、鍵あっても開けないし。

Dsc03329

綾瀬はるかが巨大になって、新宿に登場!

Dsc03788_2

でも後ろから見ると

わき腹のあたりが気になります。。。

Dsc03789

これ、事務所的にはOKなのかしらん??

だから、

電車が遅れると、

Dsc01634

後の電車が先に到着するという、

「水戸黄門」のセカイが実現。

Dsc01632

続きを読む "モノの見方 その10"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/10/11

丸の内ハウス テラス席

ふだんのテラス席でも、

Dsc04680

富士山麓のロックを置くと、

急に華やかになったり、

Dsc04677

ピクルスなんか置いちゃったりすると、

Dsc04675

もう

  • 「夜の暗さ」

  • 「野菜の明るさ」

いい感じのケンカをはじめるわけです。

なので、

まあまあと仲裁すべく、レッドアイ。

Dsc04683

で、

ビルとビルの谷間からでもロック。

続きを読む "丸の内ハウス テラス席"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010/10/10

泡盛と琉球料理 東京うりずん 新丸ビル 沖縄料理 

たまには沖縄料理でも、

とおもい東京へ。

うりずん。

Dsc04599

もちろん、

オリオンビールから。

Dsc04618

で、

ここのお店は本格的な沖縄料理店なんだねぇ。

普段食べたことのない、琉球料理をつらつらと。

沖縄ナマコの酢の物。

Dsc04622

そして、

ドゥル天。これは初めて。

人気ナンバーワンだそうです。

田芋(ターンム)に豚アグーとしいたけなどを練り合わせて揚げた一品。

Dsc04626

そして、

こちらは定番のゴーヤーチャンプルー。

Dsc04629

ミヌダル。

これも初めて。

ペースト状にした黒護摩を豚肉にまぶして蒸したもの。

Dsc04634

中はこんな感じ。

続きを読む "泡盛と琉球料理 東京うりずん 新丸ビル 沖縄料理 "

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/10/09

Raffiné ラフィネ 本郷3丁目

さて、

ボルドーワインでも。

と思い、文京区の「Raffiné ラフィネ」へ。

Dsc04451

店内はこんな感じ。

Dsc04452

で、

まずはシャンパンで乾杯した後、

Dsc04472

自家製のライ麦パンからスタート!

Dsc04476

まずはオードブルの盛り合わせ。

Dsc04479

ウニのプリン、スモークサーモン、魚貝のテリーヌの盛り合わせ。

そーなると、

今回の目的でもある、

2005シャトーヴィニョール(CHATEAU VIGNOL)。

Dsc04484

フレッシュかつフルーティでマイルド感満載。

それほど重い感じではないのですいすいすすみます。

そーなると、

鴨のくん製とじゃが芋のサラダになるわけです。

Dsc04496

で、

続いてのボルドーワインは

2006シャトー カンボン ラ プルーズ(CHATEAU CAMBCN LA PELOUSE)

続きを読む "Raffiné ラフィネ 本郷3丁目"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/10/08

ADAM LAMBERT(アダム・ランバート) ライブ MEETS PORT JCBホール

いやー、

久しぶりに若い衆に混じってオールスタンディングのアリーナで燃えて来ましたよ。

MEETS PORT(ミーツポート) JCBホールで。

====セットリストは記事の一番最後にあります。====

Dsc04556

JCBホールってはじめて入ったけど、音響はいい感じだねぇ。

Dsc04558

で、

前出のアダムランバート。

今回は気合を入れて、アリーナ立ち見です。

1

ちなみに、スーツ姿でアリーナは私以外は見渡す限り、スタッフだけでした。笑

で、

あっという間の1時間15分。

もちろんながら、リアルアダムは初めて見たのですが、

TVでみたとき同様のすごい迫力のボーカル。

昨年のアメアイは感動したもんナー。

昨年のアメリカンアイドルシーズン8の模様はこちら

さて、

ライブのほうは

2曲目で、

昨年のアメリカンミュージックアワードで物議をかもした、

ベーシストくんとの熱いキスを

今回もfor your entertainmentで披露するなど、大盛り上がり!

続きを読む "ADAM LAMBERT(アダム・ランバート) ライブ MEETS PORT JCBホール"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/10/07

La libera (ラ・リベラ) 代々木

いやー、

ひっさしぶりに美味しいイタリアンに出会いました!

La libera (ラ・リベラ)で。

Dsc04366

店内はこんな感じ。

平日だけどすっごく大賑わい。予約必須ですな。

Dsc04447

ま、もちろんビールから。エビス。

Dsc04373

で、

ピクルスとアンチョビをアテにいただいた後に、

Dsc04391

鎌倉野菜のバーニャカウダの頃には

Dsc04387

ワインに突入。

Dsc04396

ジャイロ ヴィーノ デ ラゴ ロッソ。

シロップ、チョコレート、オレンジ、バナナ、紅茶のニュアンス。キレイなタンニンがあります。

とのこと。

私にはそこまでの感性はありませんでしたが、

フルボディの味わいはとってもいい感じ。

でそーなると、

魚介のポレンタのインツィミーノ。

Dsc04408

これはねぇ

ポレンタがとってもいい感じ!

で、

そーなると、

ヴェスビオ鶏のモツの赤ワイン煮込み 鴨もものコンフィとカステルマーニョ。

にすすむわけです。

続きを読む "La libera (ラ・リベラ) 代々木"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/10/06

だれもいない東海道線。

1000万都市の東京と、100万都市の川崎と、300万都市の横浜を結ぶ大動脈の

東海道線の車両を独り占めする方法。

東京駅発の

  • 6時53分平塚駅行きの14両目に乗ること

でその思いは達成できます。

なぜか、6時50分に小田原行きがあるので、

その3分の間にわざわざ14両目くんだりまで乗車する人はいないんですねー。

Dsc00257

そんな人はむしろ15両目の最後尾まで行ったりするわけで、

普通乗車券で、「至極のひととき」を味わえるわけです。

Dsc00261

グリーン車なんか目じゃないほどの快適さ。

だって、1車両にたった一人!!

左に新幹線、右に東海道線のすれ違いだって独り占め!!

Dsc00262

この独占欲充実感ってどこから来るのでしょう!

で、品川についてもだれも乗ってこないわけです。

Dsc00273

一瞬、

  • 回送電車

に乗ってしまったかなと思うほどの静けさ。

なので、川崎手前で多摩川を渡るときの京急を遠くに見やるのも独り占め。

Dsc00282

そして川崎到着。

これまたびっくりするほどダレも乗ってきません。

続きを読む "だれもいない東海道線。"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010/10/05

ビストロ・ダルブル(Bistro Darbre) 一軒家フレンチ 恵比寿

休日に打ち合わせを兼ねてランチをしようということになり、

恵比寿にいい店知ってるよ、

といわれていそいそと。

ビストロ・ダルブルです。

Dsc04356

ここのお店の特徴は、その外観からもわかるように

  • 緑が多いこと

  • ランチでもゆっくりできること

ですね。

ともすればホリデーランチなんて、お店にとっては「食べたらさっさと出てくれ」みたいなお店もありますけど、ここは料理とあわせて

  • その「空間」

を売っている感じ。

だから、秋の晴れた日には、店内の席よりも、

Dsc04331

そらを見上げることのできるパティオの席がおすすめだったり。

Dsc04299_2

で、

さっそくビールから。プレミアムモルツ。

打ち合わせなんだけど、アルコールを入れながら打ち合わせって

フランス人みたい。(行った事ないので勝手な想像ですが。w)

Dsc04302

で、

休日ランチの定番メニューはオードブル+メイン+デザート2種類にパorライス+コーヒーorティー

の組み合わせ。

Dsc04294

これが、ちゃんと一皿づつ、時間をかけてゆっくりでてきます。

ここがタイセツ。プレートで一気出しとか、まだオードブルを食べ終わってもいないのにメインを出されるとかじゃないんですね。

むしろ、オードブルを食べ終わって、お皿をさげてからメインを作り始めるというくらいにゆっくりと時が流れていきます。

で、オードブルは、

生ハムのサラダ仕立て

Dsc04307

もう一方は

自家製スモーキーベーコンのシーザーサラダ。

Dsc04305

サラダもさることながら、生ハムも自家製スモーキーベーコンもとてもいい味。

肉が美味しいとサラダが美味しいんだねぇ。

で、

メインは限定10食のオムレツダルブレーズ!

これは「オムレツ男子」は絶対満足いくボリューム!

Dsc04312

続きを読む "ビストロ・ダルブル(Bistro Darbre) 一軒家フレンチ 恵比寿"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/10/04

丸投げ屋 恵比寿

  • 「仕事が楽しい」って思うスタッフがいるお店は美味しい。

ということを確認しに、

丸投げ屋へ。

2階と3階に分かれていて、今回は3階。

Dsc04203

もちろんビールから。プレミアムモルツ。

Dsc04206

で、お通しが枝豆。

Dsc04214

お通しが枝豆ってなんかうれしい!

だって、変なお通しを出されるくらいだったら、どうせ頼む(であろう)枝豆のほうがリスクが少ないし!笑

で、

鉄板鍋と鉄板焼きがメインのこのお店は

お店の名前通り、鉄板焼きを頼むとお店のスタッフに作るのを

  • 「丸投げ」

してOK!

ぜんぶ作ってくれます。

いいねぇ、こーゆーサービス。

というわけで、牛ハラミの黒ラー油鉄板焼き。

Dsc04226

まずは特製黒ラー油をかけます。

Dsc04231

で、今回「丸投げ」して、手際よくいためていただける店員さんが、

ふうこさん。

Dsc04235

で、

この方が、前述の「仕事が楽しい」っていう店員さんです。

福岡から上京して5ヶ月目とのこと。

で、「楽しい」そうです。お仕事が!それも即答!

いいねぇ、こーゆーお店は絶対いいよ。

  • 仕事が楽しいって思えるスタッフの割合が多いほど美味しいお店。

の方程式だと思うんだよなー。

飲食店だけでなくても他の業態の会社でもそうかも。

で、

ふうこさんに

Dsc04244

丸投げして、

Dsc04256

華麗な手さばきで、

Dsc04241

いためてもらって完成!

Dsc04258

黒ラー油のピリ辛がいいアクセントです!

Dsc04259

最後に

「ビールを飲まれているので、味付けをすこし濃い目にしておきました」

とヒトコト。

これもうれしいヒトコトですよねぇ。

続きを読む "丸投げ屋 恵比寿"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/10/03

ラーメン松壱家 藤沢本店 藤沢駅北口

一番自宅から近いラーメン店で、

駅と自宅のちょうど中間ぐらいにあり、

平日は深夜の3:00まで営業しているお店で、

ドロドロに疲れて帰宅する途中に、

いい匂いを漂わせているもんだから、

いつも自分のココロが折れそうになりお店にフラフラと吸い寄せられそうになるのですが、

泥酔した状態で、深夜の1:00にここに入ったら負けだ!

と自分に言い聞かせて、

  • 今日も、打ち勝ったー!

と、自分の意志の固さに酔いしれて気分よく帰宅する。

というほかのひとには見えないタタカイ

を繰り広げている相手が、こちら。

松壱家です。

Dsc00004

けっこう地元では有名らしく、深夜でも大賑わい。

で、

結局ちゃんとお昼に行って来ました。

店内はテーブル席とカウンター席。

Dsc00001

で、濃厚豚骨味玉醤油ラーメン。750円。

Dsc09986

うずらのタマゴが入っているのがここのお店の特徴。

で、

特松壱家。

味付けを選んで、それにチャーシュー3枚、のり5枚、煮タマゴ1個付いてます。

Dsc09989

今回は味噌味。

麺は太め。

続きを読む "ラーメン松壱家 藤沢本店 藤沢駅北口"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/10/02

横浜 ケントス KENTO'S

いやー、まだまだ私もがんばらねば!

って思いました。ケントスで踊り明かしている、紳士淑女の皆様を見て!!

学生以来だから20年ぶりくらいに行ったんだけど、熱いダンスはかわらないねぇ!

行ったことある人はもちろんご存知かと思いますが、

ここの仕組みは

生バンド演奏が30~40分。

Dsc03539

その後、休憩というか飲食タイムが30分~40分

Dsc03546

という感じで、これを閉店まで繰り返すわけです。

なので、

レッドアイで乾杯した後は、

Dsc03562

普段は六本木ケントスに出演している「THE FLAMES」の演奏で、

「ロック・アラウンド・ザ・クロック」(Rock Around The Clock)で踊って、

Dsc03541

コロナビールを飲んで、

Dsc03581

「男が女を愛する時」(When a Man Loves a Woman)で踊って、

Dsc03570

チャイナブルーを飲んで、

Dsc03563

「スタンド・バイ・ミー」(Stand by Me)で踊って、

Dsc03576

ハイボールを飲んで、

Dsc03582

「恋の片道切符」(One Way Ticket)で踊って、

Dsc03579

プレミアムモルツを飲んで、

Dsc03590_2

続きを読む "横浜 ケントス KENTO'S"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/10/01

あくとり代官 鍋之進 渋谷

さて、

お鍋の季節ですね!

そりゃ、鍋之進(なべのしん)に行くわけです。

店内を入るとすでにその雰囲気満載の空間。

Dsc04061

で、

まずはビールから。

アサヒ熟撰。

Dsc04086

そして、なべの前にアテを何点か。

まずはねぎとろ塩ユッケ。

Dsc04091

そして、

薩摩知覧鶏のたたき。

たたきだけど肉厚感満載!

Dsc04094

さらに、この時期ならではの新秋刀魚刺しに突入。

Dsc04107

こんなに美味しいアテが立て続けにくると

ビールだって負けてはいません。

アサヒ黒生です。

Dsc04117_2

そして、

程よくおなかがこなれた頃に、

季節のおすすめ鍋の「鮭ときのこの秋味鍋」をいただくわけです。

続きを読む "あくとり代官 鍋之進 渋谷"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年9月 | トップページ | 2010年11月 »