フォト

サントリーグルメガイド

トリップアドバイザー

記事検索

« ベジタブルバール SOYA 銀座 | トップページ | smartカブリオのココロの開き方。 »

2010/09/10

smart 体験レポート(運転編)

さて、

smartの貸し出し期間もいよいよ終了ー。

なので、

乗ってみた感想をつらつらと。

●ECOモード

リッター23kmというハイブリッドカーなみのエコを実現するのがこちらのECOモード。

Dsc02308

mhd(マイクロハイブリッドドライブ)というシロモノです。

Dsc02889

リアにはロゴが燦然と。

この仕組みに書けるメルセデスの意気込みが伝わってきます。

これは

ブレーキを踏んで時速8km以下になると自動的にエンジンが切れるというシロモノ。

で、ブレーキから足をはずすと自動的にエンジンがかかります。

アイドリングストップが自動でできるわけですね。

で、

もちろん、

エンジンが温まっていないときなどは、ランプがオレンジのままなのでエンジンはかかったままですから、そのあたりは全部クルマにお任せできるわけです。

Dsc02298

また、エンジンがとまる⇒エアコンが送風だけになる

ということなので、夏の暑い日とかエアコンをつけっぱにしたいときは機能OFFにすることも可能です。

Dsc02291

●ギア

ECOモードと並んで大きな特徴はギア。

Dsc01069

マニュアルモード付5速オートマチックトランスミッション softouch(ソフタッチ)

オートマで走るのもいいのですが、

自分でシフトアップも可能。

Dsc02885

これ、けっこう面白い。

で、

ブレーキ等で減速すると、自動的にシフトダウンするわけです。

なので、

マニュアルでありがちな4速にいれたままブレーキを踏んで、

スタート時にエンスト、ということはありません。

ひとつ気をつけなければいけないのはオートマにある

  • クリープ現象

がないということ。

なので、坂道発進はサイドブレーキを引いて戻しながらアクセルを踏む必要があります。

ただ、慣れるとまったく苦ではありません。

●高速走行

今回は首都高や東名や横浜新道や横横道路を走ってみましたが、

結論として、キビキビと問題なく走ります!100kmくらいまではストレスなく出すことができます。

Dsc01008

たぶん標準装備で12本スポークの15インチアルミが足元を引き締めているんだろうなー。

Dsc02385

●安全性

これも横から見るとわかりますが、

トリディオンセーフティセル。

5

イメージしたのは、クルミの固い殻。

キャビンの安全性が確保されるわけです。

●音楽

iPodのケーブルが付属しているのでそちらにつなげて楽しむわけです。

Dsc01066

もちろんiPhoneでも楽しめますが、トレイに入らないので私はこんな感じで置いてました。

Dsc02300

ま、お借りしたクルマにはカーナビがついてなかったので、

曲を再生しつつ、グーグルマップで地図を見ていたので、逆にちょうどよかったのですが。笑

Dsc00844

●カブリオレ

走行中にも開閉できるのがとってもいい感じ。

こちらはまた明日ー!

そんな感じで、

とっても貴重な体験をありがとうございました!

こういった機会を与えていただいたメルセデスの皆様、代理店の皆様にこの場を借りて御礼申し上げます。

本当にありがとうございました!

SMARTのある生活はこちら。

週末の2日間 smartにお乗り頂ける、試乗プログラムの応募受付も開始!

smart "small happiness"キャンペーンはこちら!

smart Blogger's Voiceはこちら!

勝手にPR smart編はこちら。

« ベジタブルバール SOYA 銀座 | トップページ | smartカブリオのココロの開き方。 »

マーケティング・広告」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/216501/49384835

この記事へのトラックバック一覧です: smart 体験レポート(運転編):

« ベジタブルバール SOYA 銀座 | トップページ | smartカブリオのココロの開き方。 »