« 緑の日々。 | トップページ | マンゴツリー東京 丸ビル 5回目 »

2010/06/26

ミステリー三昧。

最近ミステリー小説をお借りすることが多く、

まとめてレビュー。

まずは、

歌野晶午さんの「葉桜の季節に君を想うということ」。

Dsc04415

各賞を総なめにした話題作。

うん、

確かに面白い。

オーセンティックバーのような重厚感はないけれど、

カジュアルイタリアンのような軽快感がある。

ただ、

恋愛表現や比喩に関してはちと私には若すぎたなー。

で、

それを上回る面白さがあったのが、

伊坂幸太郎さんの「陽気なギャングが地球を回す」。

Dsc04486

これは面白かったなー。

ストーリーの展開方向やそのスピード感が

怖いだけのジェットコースターや

回るだけのティーカップや

気持ち悪くなるだけのバイキングのような

乗り物じゃなくて、

そう、セグウエイに乗っている柔軟さと心地よさ。

会話の中にも軽妙なやり取りがあって、

  • 変わった動物は保護されるのに、奇妙なヒトは排除される

といった表現が随所に出てくるのだけど、

実はストーリーと関係ない会話もあったりして、

普段作者が考えていることなんだなーと思って共感したり。

ちなみに映画ではポール・ニューマンとロバート・レッドフォードの「STING」が大好きなんだけど、それに通じるものがありました、後者の作品には。はい。

|

« 緑の日々。 | トップページ | マンゴツリー東京 丸ビル 5回目 »

書籍」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/216501/48708942

この記事へのトラックバック一覧です: ミステリー三昧。:

« 緑の日々。 | トップページ | マンゴツリー東京 丸ビル 5回目 »