フォト

サントリーグルメガイド

トリップアドバイザー

記事検索

« MIEL(ミエル) 新宿 | トップページ | 第52回グラミー賞 2010年 »

2010/02/01

ビストロ・ド・ラ・シテ(Bistrot de la Cite) 西麻布

今回は広尾駅からてくてく。

マダム 関根 葉子さんのお店。

Dsc05616

店内はこんな感じ。

Dsc05663

で、いつもどおりオリーブから。

Dsc05628

で、豚肉のリエットとパンがくるわけです。

Dsc05627

で、オススメメニューから、

千寿ネギ焼き。

Dsc05630

真っ黒ですが、これを向いて白い部分を特製ソースでいただくわけです。

Dsc05632

おいしいー!焼鳥屋さんではこーゆー食べ方したことあったけど、

  • ネギは国境を越えるねぇ!

で、

魚のうらごしスープ。

Dsc05633

すごくとろとろ。これはクセになるなー!

そして、エスカルゴ。ブルゴーニュ風だそうです。

久しぶりだなー。

Dsc05636

そーなると白ワインがすすむわけです。

Dsc05638

で、

パリ「ビオロン ダングル」のカスレ。

Dsc05646

実はカスレって食べたこと無かったのですが、友達から教えていただき、

それから興味があって、本日ご対面。

はじめていただきましたが、美味しかったねぇ。

で、メインは山ウズラとフォアグラのパイ包み焼き。

Dsc05651

中は山ウズラがぎっしり!

Dsc05656

これは美味しかったなー!

で、

今回ご一緒させていただいた方はこのお3人。

Dsc05665

皆さんいい男といい女だねぇ!

ちなみに今回は

全員私より

ひと回り以上年下で、

20歳代で、

きらきらしてて、

未来があります。

そーだよねぇ。

昔と違って、情報量が多くなって、世の中が厳しくなって

のーてんきに生きてた私の20歳代なんかより、みんなしっかり考えているんだなー。

ってこちらが勉強になるわけです。

ま、

それでもこーして「一緒に食事に行きましょう!」って企画してお誘いいただけることに感謝です。

で、

仔牛の胸腺肉のソテー 季節の根菜と。

Dsc05649

そして、

熊本直送 馬肉のタルタルステーキとフライドポテト。

Dsc05658_2

いやーどれも

  • 堅苦しくない美味しさ

があります。人気になる理由がわかるなー。

で、

デザートもいろいろ。

Dsc05671_2

モンブランもありました。

Dsc05676

で、コーヒーと一緒にいただくわけです。

Dsc05681

いやー、

会話も料理も美味しかったなー。

ご馳走様でした。

●ビストロ ド ラ シテ (BISTRO DE LA CITE)
・住所:東京都港区西麻布4-2-10 東城ビル1F
・電話:03-3406-5475

●おまけ。

最後に私も一緒に入ってお店の方に、

4人で写真を撮ってもらったのですが、どーみても

  • 親戚の集まりの若いグループに酔って乱入するおじさん

的な雰囲気が。(笑)

Dsc05667

20歳代3人と一緒にこーゆー写真を撮ると、

自分の歳を自覚するわけです。

ま、

でも個人的には楽しかったからよしとしよう!

« MIEL(ミエル) 新宿 | トップページ | 第52回グラミー賞 2010年 »

アルコール・ドリンク」カテゴリの記事

グルメ」カテゴリの記事

レストラン」カテゴリの記事

コメント

いつもお誘いいただきありがとうございますー!今回も楽しく飲めました!つーかウマかったですね、料理~。なんか前回載せていただいた写真より太った気がするけど、、、まぁヨシとしよう。。

>酉年さん
こんばんは!
奇遇ですね!私も酉年です!!(笑)
料理美味しかったー!
やっぱり美味しい料理は楽しい仲間と食べるとさらにいい感じだねぇ!
きっとビジネスもプライベートも充実しているのでしょう!それが写真に表れてますっ!

仔牛の胸腺肉のソテー 季節の根菜と
素敵なお料理 素晴らしいお店 素敵です

>ryuji_s1さん
こんばんは!
ココははじめていったのですが、
とても家庭的な雰囲気で気取らずに楽しむことが出来ました。
味も感動です!
また行きたいー!!!

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/216501/47436331

この記事へのトラックバック一覧です: ビストロ・ド・ラ・シテ(Bistrot de la Cite) 西麻布:

« MIEL(ミエル) 新宿 | トップページ | 第52回グラミー賞 2010年 »