« 久高(くだか) 六本木 その5 | トップページ | スーパービュー踊り子号 251系乗車完全ガイド グリーン車両編 »

2010/02/17

スーパービュー踊り子号 251系乗車完全ガイド 普通車両編

春夏秋冬、いついってもそれぞれの風情が楽しめる伊豆旅行!

さて、東京・横浜から熱海や伊豆まで電車で行く場合、選択肢は以下があると思います。

  • 新幹線
  • リゾート踊り子号
  • 普通の踊り子号
  • スーパービュー踊り子号
  • 東海道線グリーン車
  • 東海道線

その中で、個人的には一番のオススメは

  • スーパービュー踊り子号

Dsc06058

特急料金がフツーの踊り子号より若干高いのですが、

その対価以上のものがあります。

まずは、

アテンダントが乗車時にお出迎え。

Dsc06060

全車指定席の余裕感のなせるサービスです。

で、

「スーパービュー」の「スーパービュー」たるゆえんは、ハイデッカー車+大きな窓なので、

普通座席でもこの明るさと開放感。

Dsc06100

ですが、

普通車両での「一番のオススメシート」がこちらの

  • 10号車1Aと1B

です。

Dsc06128

そうです。

「運転席後ろ」かつ「海側」の座席。

じつはココは後ろから見るとこのくらいのアングルなのですが、

Dsc06073

最前列シートで見ると運転席の上部も窓になっているので、晴れているときは、

こんなに開放感溢れる座席なんです。

Dsc06149

だから海が見えてきたときのビューもとてもいい感じ。

Dsc06123

スーパービュー踊り子号同士のすれ違いもこんな感じ。

Dsc06176

ま、

唯一の懸念点は、

伊豆・熱海方面に向かう下り列車の場合、

  • 後ろ向きに座る

ことになることでしょうか。

ですが、座ってみると快適そのものです。

で、

さらにオススメするのが

  • 小さいお子様がいる家庭にやさしい

こと。

そうなんです。10号車の1階部分にはキッズルーム(子供室)があるんです。

Dsc06075

もちろん無料。

Dsc06187

たぶん、小さいお子様だと、長距離の電車移動はすぐ飽きてしまい、

おとなしく席に座っていることってまず無いと思うのですが、

ココだと飛んだりはねたりしても大丈夫!

他のお母さんから

「新幹線にもあればいいのにねぇ!」って言ってましたが確かに。

だって、お子様がこちらで遊んでくれれば、席で遊ぶこどもがいなくなってビジネスマンにも迷惑をかけることなく、お互いに気持ちよく移動できると思うんだけどな。

まーでも東海道新幹線だとビジネス用途が圧倒的に多いからムリかな。

で、ここには

もっと小さいお子様をお持ちの方のために授乳室もあります。

Dsc06110

オムツを替える台も完備。

もちろん、降りるときのお見送りまで完璧。

Dsc06200

いやー、

旅先に着く前にテンションがあがる体験でした。

ちなみに、帰りはもちろん先頭になるので、

そちらもオススメです。

さて、購入方法ですが、指定席を購入する際にだめもとで

  • 「10号車の1A1Bは空いてますか?」

って聞いてみましょ。

だって、空いていたらラッキーでしょ。同じ料金だし!

そこが取れなかった場合は

●家族連れは10号車

を取りましょう。キッズルームまでの移動が大変ラクです。

で、

●ひたすら飲みたい場合は5号車

を取りましょう。

同じ車両に売店があるので、食べ物や飲み物が足りなくなっても

すぐに買いに行くことができます!

Dsc06427

よいたびを!

スーパービュー踊り子号 251系乗車完全ガイド グリーン車両編はこちら!

|

« 久高(くだか) 六本木 その5 | トップページ | スーパービュー踊り子号 251系乗車完全ガイド グリーン車両編 »

旅行」カテゴリの記事

鉄道」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/216501/47496908

この記事へのトラックバック一覧です: スーパービュー踊り子号 251系乗車完全ガイド 普通車両編:

« 久高(くだか) 六本木 その5 | トップページ | スーパービュー踊り子号 251系乗車完全ガイド グリーン車両編 »