フォト

サントリーグルメガイド

トリップアドバイザー

記事検索

« どちらに行けばいいのか。 | トップページ | プンプクマル 横浜そごう店 »

2010/01/13

バル アンダルシア 八重洲

いやー、

八重洲や京橋地区って各国の隠れた名店ありだねぇ。

以前行って美味しかった、

南インド料理クロアチア料理もこのエリアでした。

で、今回はスペイン料理。

バル アンダルシアです。

Dsc04497

店内はロコ音楽とスペインリーグのグッズで陽気な雰囲気。

Dsc04500

でも

始まりはなぜかプレミアムモルツ。(笑)

Dsc04513_2

で、

スタートはヒコイワシの酢漬け

Dsc04526

これは美味しかったなー。

地味だけどこーゆー料理は好きだったりします。

で、魚介のマリネサラダ。

Dsc04531

続いて、カタルーニャ風 トマトのトースト。

Dsc04538

これはねー、初めて食べましたが美味しかったなー。

そーなるとご一緒したかたは自家製サングリアに突入。

Dsc04542

私はクルスカンボになるわけです。

Dsc04545

さらにまだまだ続くわけで、

アスパラガスとアンチョビ ニンニクの陶板焼き。

Dsc04548

白アスパラがこんなに美味しくなるなんて!

というわけで

今回ご一緒させていただいた方がこちらの方。

Dsc04551

ええと、一言でいうと

  • かしこい女性

という表現がぴったり。

彼女とは前職で一緒だったわけで、

彼女が新人として入社してからずーっと同じ部署で働いていた間柄。

たくさん質問されて、たくさんぶつかって、たくさんタスクをこなしているうちに、

なんでも言い合える関係になった感じ。

ま、今はお互いに転職しているわけですが。(笑)

でも、

現在の仕事内容はまったく違う業界で、彼女はファーストリテイリングに転職して、1ヶ月パリに滞在したりと、グローバルなお仕事中。

一緒に働いていたこと以外は、歳も、生き方も、考え方も、いままでの経歴もまったく私と違うのだけど、

それでも、帰国してからも忙しい合間をぬって、

こうやって食事にお付き合いいただけることに感謝ー。

今回は久しぶりにお会いしたのですが、

いままでと変わらない雰囲気で、

仕事の話やプライベートの話まで硬軟織り交ぜて盛り上がりました。

で、

ここのお店、いろいろ美味しいんだけど、

一番のお気に入りは、

マッシュルームの詰物 セゴビア風。

Dsc04554

スープまでパンに付けていただくことができます。

そうして、ワインに行くわけで、

ボデガス ドビアのロゼ。

Dsc04560

そして〆は、

オマールエビのパエリア。

Dsc04564

オマールエビとムール貝のゴロゴロ感がいい感じ。

Dsc04569

いやー、

話も、料理も、お店の雰囲気もとても良かったなー。

ご馳走様でした。

●バル アンダルシア 八重洲
住所:中央区八重洲2-5-7 三興ビル1F
電話:03-5299-4361

« どちらに行けばいいのか。 | トップページ | プンプクマル 横浜そごう店 »

アルコール・ドリンク」カテゴリの記事

グルメ」カテゴリの記事

レストラン」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/216501/47259240

この記事へのトラックバック一覧です: バル アンダルシア 八重洲:

« どちらに行けばいいのか。 | トップページ | プンプクマル 横浜そごう店 »