フォト

サントリーグルメガイド

トリップアドバイザー

記事検索

« 炙蔵 赤坂 ROBATA ABURI | トップページ | 博多芳々亭 キャナルシティ »

2009/11/16

日本航空(JAL) ファーストクラス体験レポート

一番確実に、

幻の焼酎でもある「森伊蔵」を飲める方法はなんでしょう?

答えは

  • 日本航空の国内線ファーストクラスに乗ること!

というわけで体験してきました。

まずは、

専用カウンターでチェックイン後、

プラミアムラウンジで、下準備。

Dsc00415

まずはエビスビールでのどを潤しておきます。

Dsc00425

で、

いよいよ機内へ。

シートはこんな感じ。

Dsc00434_2

肘掛もこんなに幅が広い。iPhoneで比較。

Dsc00454

ちなみにテーブルも広い。iPhoneで比較。

Dsc00480

で、

さっそくいただくわけです。ランチを。

Dsc00471

今回の「重箱弁当」は

  • 埼玉県産大根と寒鰤のステーキ柚子風味
  • 野菜のおから煮
  • 桜山豚と野菜サラダ 麦味噌ソース
  • 栃木産 春菊と油揚げのお浸し
  • 鳴門金時大学芋
  • 辛子明太子(JAL限定 匠の明太子 大吟醸仕込み)やまや提供
  • ごはん(北海道の高級ブランド「ふっくりんこ」)

です。

で、さりげなく「水」のように提供されたのがあの「森伊蔵」です!

これと明太子がとてもあうー!!

Dsc00477

いやー、

久しぶりの「森伊蔵」はホントに甘くておいしいねぇ!

で、

そーなると、白ワインに突入です。

トリンバック・リースリング・レゼルヴ 2007

Dsc00485

で、

マンゴープリンで〆。

Dsc00492

東京ミッドタウンに本店を持つサン・フルーツのマンゴープリン。果肉入り!うまい!

他にもファーストクラスならでははいろいろあって、

ワウンジでは山崎もいただくことが可能。

Dsc00420

さらに、

機内ではスリッパももちろんのこと、

毛布もファーストクラス仕様。

Dsc00456

ヘッドホンもしっかり。パナソニック製のノイズキャンセリングヘッドホン。RP-HC150。

Dsc00464

で、

これだけのサービスで追加料金8,000円

だけど、

  • 専用チェックイン
  • ラウンジでビールも飲み放題
  • 機内でお弁当
  • なんと「森伊蔵」も飲めて、
  • デザートもあって、
  • シートも快適。

で、

ここで恒例の価格計算。

森伊蔵はフツーの焼酎バー(きっとほとんど売り切れだと思うけど)1杯2,000円以上なので、

  • 森伊蔵 2,000円×2杯
  • ラウンジでプレミアムビール700円×2杯
  • お弁当 2,000円
  • デザート 700円

だけで、8,000円の元が取れます。そのほかに専用チェックインやワインの提供があって、さらにシートがすごく快適!!!

ぜったいいいよねぇ!

全日空(ANA)のときもそうだったけど、

  • 結論:飲むんだったらかなりお得!

ということです。

参考:全日空(ANA)スーパーシートプレミアム体験はこちら。

ご馳走様でした。

でも

JALのファーストクラスで白ワインを飲みながら、薄氷の再建という記事を読むのもなんだかなー。

Dsc00488

国内大手航空会社が1社になるのはさびしい限りなので、個人的には応援しています!

« 炙蔵 赤坂 ROBATA ABURI | トップページ | 博多芳々亭 キャナルシティ »

飛行機」カテゴリの記事

コメント

これ、どういうシチュエーションで
乗られているんですか!?

ちなみに私だったら席のクラスよりも
窓際かどうかの方が重要だったりして。

>daizoさん
こんばんは!
ええと、
ただ単に森伊蔵を呑みに行っただけです。
ごめんなさい。笑!
ホントは窓際かつファーストクラスが王道ですね!
じつはこの企画まだまだ続きます!行き先はお楽しみに!

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/216501/46775005

この記事へのトラックバック一覧です: 日本航空(JAL) ファーストクラス体験レポート:

« 炙蔵 赤坂 ROBATA ABURI | トップページ | 博多芳々亭 キャナルシティ »