フォト

サントリーグルメガイド

トリップアドバイザー

記事検索

« ダーウィンからウルル(エアーズロック)へ オーストラリア | トップページ | セイルズ イン ザ デザートホテル エアーズロックリゾート »

2009/05/03

ウルル(エアーズロック)とカタジュタ(風の谷) 世界遺産 オーストラリア

世界の中心でサンセットを見る。

ウルルが赤く燃え上がる一瞬のときを待って。

1

徐々に赤くなって、

2

いよいよピークに達したときに感動が訪れます。

ですが、その後は急速に暗くなるばかり。

あたりにさえぎるものがないので、ホントに数分です。

3

↑上の写真から↓下の写真までわずか1分。

4

その数分後にはあの「朱色」はドコへいったのだろうというくらいに暗くなります。

5

あー、はかないものほど美しいのねぇ。

ウルルができたのが6億年前。そこからどれだけの夕日をこの大きなカラダで受け止めてきたのでしょう。

そのたった1日、たった数分に立ち会えるという

  • 刹那的幸福

あー、

人生なんて長いようで短いのねぇ。

と感傷にひたるわけですが、

でも、

その数分の間に、

世界の中心でシャンパンを飲んで、

Dsc02689

世界の中心でビールを飲むわけです。

Dsc02696

それぞれ、シャンパンのグラスにもビールのグラスにもウルルを写しこんで。

さらにビールグラスは「さかさウルル入り」。

この旅行で1番美味しいビールでした。

ですが、個人的にはウルルよりカタジュタ(風の谷)に感動しました。

6

下の写真の左の隅にちっちゃく人が写ってますが、その人の群れと比べてもこの岩の大きさがわかるというものです。

8

ちなみに、一番のオススメは、キャトルヤード展望台からの眺め。

7

広大な土地に突然現れる巨岩群。圧倒されます。

ウルルとカタジュタは30Kmしか離れていないので、このポイントでは両方を楽しむことが出来ると共に地平線を360度堪能できます。

動画でぐるっとどうぞ。

ちなみに、今回の旅で唯一、ツアーを申し込んだのが、このサンセットツアー。

ATTキングスの主催です。

ガイドのトニーさん。

Dsc02723

今回のツアー、かなり満足度高いです。ウルルに初めてくる人は迷わずツアーに申し込みましょう。バスに添乗していただいたマリさんの説明もとてもわかりやすかったし。

とても堪能させていただきました、

  • 世界の中心を。

●ウルル登山について。

今回はいろいろ考えたのですが、

  • ウルル登山はしませんでした。

Dsc02420

これについては理由も含めて帰国してからきちんとレポートしたいと思います。

« ダーウィンからウルル(エアーズロック)へ オーストラリア | トップページ | セイルズ イン ザ デザートホテル エアーズロックリゾート »

動画」カテゴリの記事

旅行」カテゴリの記事

コメント

こんばんわ。。
オーストラリア楽しまれていらっしゃるご様子何よりです。(^^*)
転職もされるとの事、心機一転色々なお気持ちを抱えて・・ 
今回行かれたのでしょうねぇ。。
私はまだ一回も海外の経験は無いので
とても興味深く記事を見せて頂きました。(^^*)
またご帰国後の記事を楽しみにしています。
そうそう!先日一部の記事をtumblerに引用させて頂きました。。(事後報告で・・。汗)
ご報告が送れて申し訳有りません。
また、色々引用させて頂くと思いますが。。
ヨロシクお願いします。。m(_ _*m)

エアーズロックの登山は、アボリジニの
お話とも関連がありそうですね。
後日のお話を楽しみにしています。

だいたい、ここに登ってみてもなにか
景色はあまり期待ができないような。。。

エアーズロックはオーストラリアにあまり関心のなかった私も行ってみたいと思った場所です。いつかインドにもお越しください。

>よぞらさん
こんばんは!
そうなんです、会社を思い切って辞めることにしました!
これからもイベント等でお会いできることを楽しみにしております。
よぞらさんも仕事関連ではいろいろあったんですよね。。。またお会いしたときにお話できるとウレシイです。
あ、
それと記事引用はまったく問題ありません。無許可でどんどん使ってくださいー!(笑)
今後ともどうぞよろしくお願いいたします。

>daizoさん
こんばんは!
そうなんです。
今回分かったことは、
私も含めてアボリジニの土地にお邪魔しているという感覚があまりにも無いということですねぇー。
そのあたりをちゃんとまとめてレポートしますね。

>インド人さん
こんばんは!
そうなんですねー。良かったですよ、ウルル。ちょうどTBSの世界遺産でも放送されていましたねー!
インドにも今度お邪魔したいと思います。ヨガを習いに。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/216501/44875650

この記事へのトラックバック一覧です: ウルル(エアーズロック)とカタジュタ(風の谷) 世界遺産 オーストラリア:

« ダーウィンからウルル(エアーズロック)へ オーストラリア | トップページ | セイルズ イン ザ デザートホテル エアーズロックリゾート »