« セイルズ イン ザ デザートホテル エアーズロックリゾート | トップページ | メルボルン市内 散策 オーストラリア »

2009/05/05

ウェスティンホテル メルボルン オーストラリア

ウェスティンは日本では恵比寿にありますが、オーストラリアではシドニーやメルボルンにあります。

で、

今回のメルボルンでの宿泊先はウェスティンにしました。

Dsc03169

ロビーはさすがウェスティンだけあって、ゆったりとしたつくり。

Dsc02900

なぜ、ここにしたかというと、エレベーターホールにリンゴが山積みしてあるからです!

Dsc03682

ウソです。

というかリンゴ山積みはホントです。ちなみにこういったサービスって日本人はほとんど取りませんが、外国の方はそのままひょいと手にとってかぶりつきながらエレベーターに乗っていきます。それが画になるのがとっても不思議なのですが。。。

もとい、なぜここにしたかというと

部屋にワークアウトグッズが設置してある部屋が選べるからです!

Dsc02906

ベッドのヨコにどーんとランニングマシーンが。

これは走らないわけには行きません。

特に他人の目線が気になる方にはもってこいの部屋。

心おきなくホテルの部屋で走りまくることが出来ます。

ちなみに他にも

バランスボール、ダンベル、ヨガマット、ヨガDVD、ランニング雑誌と部屋にそろってます。(笑)

Dsc02926

ウェスティンとかシェラトンとかヒルトンって最近は

  • 健康&エコ志向

な感じがして、リネンやタオルやコップ類はお客様が要望しないと連泊しても交換しないのがデフォルトになっている感じ。

もちろん要望すれば交換はきちんとしてくれるのですが。

でも、お風呂が洗ってなかったり、バスローブがそのままだったりすると、「あえて」そうしているのか、ただ単に忘れただけなのかがわからなくて微妙だったりします。

で、話を元に戻しますが、

健康志向は他にもあって、

「近くでジョギングできるところない?」

ってコンシェルジュに聞くと、近くにクィーンビクトリア庭園があるのですが、そこまでのマップを渡されて1周約3.8kmのコースを案内してくれます。地図が準備してあるところがすごい。ちなみにこのワークアウトルームを予約すると伴走してくれるサービスもあります。さすがに英語が堪能ではないのでそこまでお願いはしませんでしたが。(笑)

日本で言えば、コンラッドとかに泊まって皇居の周りを走る外国人のような感じでしょうか。

Dsc03079

なので、ランナーにとってはオススメのホテルでもありますが、もちろんフツーのお部屋もあります。

アメニティも、

Dsc02928

ミニバーも充実。

Dsc02932

さらに泊まってみてわかったのですが、ワークアウトルームを予約しなくても地下1階には本格的なジムと、(ここにもリンゴが山積みです。)

Dsc03595

プールがありました!

Dsc03591

そして、朝食ですが、1人38豪ドル。

エアーズロックよりちょっと高いですが、その分満足度も高いです。

クロワッサンとパイナップル100%ジュースだけで元が取れる美味しさです。

Dsc03382

もちろんその他にも、

フルーツ類や

Dsc03373

シリアル類や

Dsc03370 

パンやデニッシュ、

Dsc03374

Dsc03375

あたたかいタマゴ料理やベーコン等もあります。

Dsc03368

それと、各テーブルにはさまざまな種類のジャムが!

Dsc03379

ちなみに朝食のレストランの店内はこんな感じ。

Dsc03394

こんなゆったりした空間で優雅に朝食をたべると

朝から

  • 「美味しい顔」

になるわけです。

Dsc03391

※良い子の皆さんへ。

食べ物で遊んではいけません。

ましてやホテルの朝食会場で撮影しながらなんて。

ちなみに撮影した食材はスタッフで美味しくいただきました。(笑)

|

« セイルズ イン ザ デザートホテル エアーズロックリゾート | トップページ | メルボルン市内 散策 オーストラリア »

ホテル・旅館」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/216501/44901240

この記事へのトラックバック一覧です: ウェスティンホテル メルボルン オーストラリア:

« セイルズ イン ザ デザートホテル エアーズロックリゾート | トップページ | メルボルン市内 散策 オーストラリア »