« ゴールドコーストを走る | トップページ | シェラトン・ミラージュ・ゴールドコースト オーストラリア »

2009/05/11

スプリングブルック国立公園とラミントン国立公園 世界遺産 オーストラリア

さて、

「走る」テーマのもう1つは、レンタカーで「走る」。

というわけで、

世界遺産に登録されている2つの国立公園にドライブしてきました。

Dsc04333

天気も良かったのでフルオープンで走りまくり。もちろんCDは日本からお気に入りのモノを。

で、まずはスプリングブルック国立公園へ。

ゴールドコーストから、こんな岩がせり出した道をぐいぐいと山を登っていきます。

Dsc04302

まずは、その名も「ベスト・オブ・オール・ルックアウト(Best of All Lookout)」へ。

Dsc04315

歩く場所は国立公園内。とゆーか世界遺産内。

Dsc04317

樹齢2000年といわれる南極ブナの根の張り方に感動しつつ、

Dsc04321

「すべての中で1番」

と名づけられた景色は、南半球最大のカルデラ地形でした。

Dsc04328

こーゆー風景をみると、ホントに「でっけーぞ!地球!」って叫びたくなる。いや現実には叫ばないのだけど。

とにかくスプリングブルック国立公園内だけで多数のビューポイントがあるのですが、

Dsc04338

その中で一番有名なのは

「キャニオンルックアウト(CANYON LOOLOUT)」。

Dsc04339

ここではゴールドコーストまで一望できるポイントと、2つの滝の裏側まで降りていけるトレッキングコースがあります。

Dsc04347

もちろんソコまで行くには、こんな岩の間や、

Dsc04353

こんな岩の間を通り抜けて行きます。

Dsc04355

そして滝の下に到着。

Dsc04363

ここでは滝を正面から見ることも出来ますが、2人ほど歩いているヒトが見えるように、

滝の裏を歩くことも出来ます。

Dsc04372

裏から滝を見上げて見る、の図。

Dsc04365

うん、今までにないアングル。

とゆーわけで、

続いてお隣のラミントン国立公園へ移動開始。

その途中にはなんと

  • コアラ注意

の看板が!!!

Dsc04387

これ、野生のコアラに遭遇したらすごくウレシイ!

と思った矢先に道端に飛び出してきたのは・・・

コアラではなく、カンガルーでした!

Dsc04419

これはこれでウレシイのですが、「コアラ注意のインパクト」からすると感動も微減だったりします。

さて、走行している、いやそうこうしているうちに

「ラミントン国立公園」に到着。

Dsc04390

ここでのメインイベントは「吊り橋散歩」です。

ここでも道すがら、巨大な木の根元に感動したりするわけです。

Dsc04392

そして吊り橋に到着。

Dsc04412

渡ってみるとこんな感じ。

Dsc04416

なかなかスリルがあって楽しかったー。

ま、

どちらか1方だけというなら「スプリングブルック国立公園」をオススメします。

とゆーか、

どちらに行っても

風を感じて、

森を感じて、

時の流れのゆったり感を感じる

ことが出来るわけですが。

で、

ゴールドコーストに戻ってきたら、

昨日とは違う時間帯に、

昨日とは違うお月様を見ることが出来ました。

Dsc04424

なんだかいい感じ。

|

« ゴールドコーストを走る | トップページ | シェラトン・ミラージュ・ゴールドコースト オーストラリア »

旅行」カテゴリの記事

コメント

最後のカットとか、片岡義男の小説の
表紙になりそうです。かっちょいい。
良い写真がたんまり撮れているんでしょうね。

投稿: daizo | 2009/05/17 18:20

>daizoさん
こんばんは!
いやー、お褒めいただきありがとうございます!(嬉)
今回は2000枚以上撮りまくりました。(笑)
デジタルカメラだからできる撮影ですよねー。

投稿: yas | 2009/05/18 00:19

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/216501/44974724

この記事へのトラックバック一覧です: スプリングブルック国立公園とラミントン国立公園 世界遺産 オーストラリア:

« ゴールドコーストを走る | トップページ | シェラトン・ミラージュ・ゴールドコースト オーストラリア »