フォト

サントリーグルメガイド

トリップアドバイザー

記事検索

« ダーウィン市街観光で忘れちゃいけないこと オーストラリア | トップページ | ウルル(エアーズロック)とカタジュタ(風の谷) 世界遺産 オーストラリア »

2009/05/02

ダーウィンからウルル(エアーズロック)へ オーストラリア

いよいよ今回の旅行のメインの1つである、

  • ザ・ガン

に乗車です!

1

※ちなみにこの旅行が終わったら、

「カシオペア完全ガイド」

と同じように記事をUPする予定ですので、これから乗る予定の方はもうしばらくお待ちください。詳細な情報をお届け予定です。

さて、「ザ・ガン」の乗車はバスで巡回して自分の号車で降ります。

Dsc01437

なぜ、こんなことをするかというと、車両数がとても多いので!

Dsc01474

日によって長さが違うらしいのですが、今回も30両近く連結。

私の乗る場所からは先頭車両が見えません。

で、

今回は「プラチナサービス」という車両。

部屋はこんな感じです。

Dsc01448_2

トイレと洗面所、シャワールームもついています。

Dsc01451_2

乗降時にはアテンダントの皆さんがお出迎え。

Dsc02031_2

そしてランウジカーと、

Dsc01617_2

ダイニングカーも併設。

Dsc01598_2

食事はすべて料金に含まれていますが、アルコールだけは別料金。

だからといって頼まないわけにはいきません。(笑)

Dsc01819_2

で、ディナーが終わると、部屋はベッドがセッティング完了。

Dsc01876

そして、

地平線に昇る朝日をダイニングカーで朝食をとりながら迎えると、

Dsc01956

あっという間に、アリススプリングに到着。

Dsc02051

エアーズロック行きのフライトまで時間があったので、街を散策。

ここは人口が2万9千人。そのうちアボリジニーの方が約半数だそうです。

Dsc02087

旅行者の案内所はありますが、日本語のガイドブックはありません。

Dsc02083

その後空港へ移動。

しかしなんと、エアーズロック行きだけ2時間遅れ!

Dsc02111

仕方がないので、ビールとチキンバーガーで時間つぶし。

Dsc02131

で、

16:00前に搭乗開始。

ボーディングブリッジなんてハイカラなものはなく、みなさん歩いて乗り込みます。

Dsc02176

ちなみに地平線の見える飛行場です。

それだけでもちょっと感動。

Dsc02180

で、

いろいろありましたが、

ウルル(エアーズロック)のサンセットには間に合いました!!

Dsc02706

この感動の模様はまた後日。

« ダーウィン市街観光で忘れちゃいけないこと オーストラリア | トップページ | ウルル(エアーズロック)とカタジュタ(風の谷) 世界遺産 オーストラリア »

旅行」カテゴリの記事

観光スポット」カテゴリの記事

鉄道」カテゴリの記事

コメント

す、すごすぎる。
私の知っている寝台特急とはあまりにも
違いがありすぎてたまげています。

ほんの少しブログを見ていなかった間に…
ちょっぴりコメントしそびれていた間に…
yasさんにはいろんなことが起こっていたんですね。
お仕事、お疲れさまでした。

興味と才能、みんなに好かれるパーソナリティ。
誰もが欲しくてなかなか手に入らないものを
最初から沢山持ってるyasさん。
yasさんの未来にはワクワクしちゃいますね(*^o^*)

これからも、飲まずにはいられないお酒とともに、
健康で楽しい人生を(^^)/▽☆▽\(^^)

ザ・ガン、乗りたい~~~!!

>daizoさん
こんばんは!
ザ・ガン、とっても良かったです!!!
でも、きめ細かいサービスはJRのほうが上でしたねー。
その模様はまた後日レポートしますね。

>eurekaさん
こんばんは!
コメントありがとうございます。
無事に帰国いたしました!

そうなんです、会社を辞めて海外に行ってきました。
今年は人生で大きな転機になりそうな年です。
今後ともどうぞよろしくお願いいたします!
ザ・ガンはまた詳しくレポートしますねー。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/216501/44858240

この記事へのトラックバック一覧です: ダーウィンからウルル(エアーズロック)へ オーストラリア:

« ダーウィン市街観光で忘れちゃいけないこと オーストラリア | トップページ | ウルル(エアーズロック)とカタジュタ(風の谷) 世界遺産 オーストラリア »