« 「誤解」から「理解」までの一瞬のときめき。 | トップページ | 人として愛されるということ。 横浜スタジアム 横浜対広島戦 »

2009/04/25

開国博 Y150完全攻略ガイド 横浜みなとみらい

4月28日から開催される「開国博 Y150」。

すでに

を買って楽しみにしておりましたが、

アジャイルメディアからプレスデーにお招きいただいたので行ってきました。

ので、

一足早くベイサイドエリア(みなとみらい地区)の有料会場をレポートします。

これから行かれる方の参考になれば幸いです。

Photo_5

有料会場は3箇所あります。

  • Y150 はじまりの森
  • Y150 トゥモローランド
  • Y150 NISSAN Y150ドリームフロント&スーパーハイビジョンシアター

桜木町駅から行くと汽車道には待ち時間を表示する看板があり、

混雑状況がわかるようになってます。

Dsc00270

まずは「はじまりの森」。

Dsc00277

この会場のメインは「横浜ものがたり」と「巨大クモ」の2大コンテンツ。

まず、「横浜ものがたり」は開国・開港当時からの時代の変遷を知ることができます。

Dsc00282

Dsc00286

Dsc00291

そして、「La Machine(ラ・マシン)」。

巨大クモです。

1日5回程度のパフォーマンスがあるそうです。

それ以外の時は鎮座しているので写真撮影は可能です。

Dsc00304

「足」のアップ。

Dsc00301

あと、「黒船レストラン」もあります。ここが会場内の唯一のカフェテリア。

メニューの中身は改めて紹介します。

Dsc00308

で、

Y150 トゥモローパークのメインは

未来シアター「BATON(バトン)」

近未来「惑星アベル」を舞台にはじまる物語。

Baton_2

アポロ役の声優は

Baton_3

市原隼人さん。

Photo_2

ミカル役の声優は、

Baton_4

上戸彩さん。

Photo_3

開催期間中に3部作で上演されます。

  • 第1章「密航者」(4/28-5/30)
  • 第2章「アポロとミカル」(5/31-7/10)
  • 第3章「サイファ」(7/11-9/27)

なので、すべてみたいっ!

って思う人は5月30日までに一度行くことをオススメします。

上映される未来シアターの中はこのようなカンジ。

Dsc00341

オススメは中央前方ブロックです。

テロップの後にアニメから実写に変化する映像があるのですが、近くで見たほうがクオリティの高さがわかります。

ちなみに、スクリーンに向かって右から入場ですが、左から退場なので、終了後はすぐに出たい!という方は左ブロックに座ることをオススメします。

そして、もう1つは

  • アースバルーン「HOME(ホーム)」。

これはゼッタイ夜に見るべき!!

日中は「ただの巨大バルーン」ですが、

Dsc00343

19時になると一変します!

Dsc00441

6分ほどのキレイなショーを冒頭の1分だけ動画で撮影。

フルで見たい方はぜひ会場へ!

で、

  • 会場のどの場所で見るか

というコトですが、

一番近くで見るよりも、

ちょっと離れてみたほうが、

みなとみらいの夜景とあいまってとても幻想的に見ることが出来ます。

Dsc00445

最後の1つは

  • NISSAN Y150ドリームフロント&スーパーハイビジョンシアター

ここは順番に団体で移動するスキーム。

まずはスーパーハイビジョンシアターから入ります。

Dsc00378

中では日本全国の四季折々のハイビジョン映像を楽しむことができます。

Photo_4

そして、その後に、

PIVO LAB.(ピボ・ラボ)エリアへ。

Dsc00409

PIVO2を案内役に地球環境の今を考えるエリアです。

ココのエリアは

  • 「最前列」

が一番人気ですが、上部にモニターがあってそこで映像が流れることがメインなので、座る場所はそれほど気にしなくてもドコでも楽しむことが出来ます。

そして、最後のエリアが

「コトバパーク」。

入り口で「葉っぱ」を1枚とって、

Dsc00411

ペンで願いを書いて、

Dsc00416

掃除機のような吸い込み口から願いの葉っぱを入れます。

Dsc00422

そうすると

会場内のバルーンにみんなの葉っぱが舞うシカケ。

Dsc00417

といったわけで、

有料会場の3エリアのレポートでしたっ!

期間は4月28日~9月27日 10:00-22:00

開催されたらまた行こうっと!

●おまけ その1

お土産はなんといってもメインキャラクターの

「たねまる」グッズ

がおすすめですが、

その中でもひときわ光るのが

限定生産の

  • 1万円のゴールド「たねまる」ぬいぐるみ。

Dsc00364

存在感バツグンです。(笑)

●おまけ その2

すのさんも行っていたんですねー。

ちわわのままさんも行っていたんですねー。

わださんも行っていたんですねー。

誰にも会わなかったなー。(涙)

●おまけ その3

ラ・マシンの体験レポートはこちら。

|

« 「誤解」から「理解」までの一瞬のときめき。 | トップページ | 人として愛されるということ。 横浜スタジアム 横浜対広島戦 »

動画」カテゴリの記事

旅行」カテゴリの記事

観光スポット」カテゴリの記事

コメント

おお、どっかですれ違っていたかもですね~。ちなみに自分は、行きのバスで知人に会い、ちわままさんとも会えてしまいました。

(YASさんは、ベストショットを撮るため、常に最前列を攻めていたとみた)

投稿: わだ | 2009/04/25 06:25

YASさんも来られていたんですねっ♪
あたしは、『はじまりの森』のライトアップが見たくて、暗くなった時、『はじまりの森』にいたんですが、
アースバルーンを近くで見るべきでしたorz
あんだんごさんにも会いましたよ♪

投稿: ちわまま | 2009/04/25 07:07

>わださん
こんばんは!
ちわままさんとも会ったんですねー!
内気な私は1人でとっても寂しかったです。(ウソ)

投稿: yas | 2009/04/25 23:12

>ちわままさん
こんばんは!
わださんとも会ったんですねー!
内気な私は1人でとっても寂しかったです。(大ウソ)

投稿: yas | 2009/04/25 23:14

同じ日にいらしてたんですね~
リンクありがとうございます。
さすが、わかりやすい記事で うっとりです!
わださんの本、うちに2冊ありますcatface
ブログはじめるときに参考にさせていただきました~(まだコメントしたことがないのですが。。)

投稿: すの | 2009/04/26 16:05

>すのさん
こんばんは!
わださんにもお伝えしておきましたよー。
いつかわださんとすのさんと3人でお会いできるといいですねー。
わださん、いい人ですからコメントするときっと喜ばれますよ!

投稿: yas | 2009/05/12 23:58

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/216501/44774385

この記事へのトラックバック一覧です: 開国博 Y150完全攻略ガイド 横浜みなとみらい:

» Y150 x BE@RBRICK [★アフィリとおもちゃ★]
いってきました [続きを読む]

受信: 2009/04/28 14:29

« 「誤解」から「理解」までの一瞬のときめき。 | トップページ | 人として愛されるということ。 横浜スタジアム 横浜対広島戦 »