フォト

サントリーグルメガイド

トリップアドバイザー

記事検索

« JR 寝台特急カシオペアの旅。 客室車内設備完全ガイド(カシオペアツイン) | トップページ | カシオペアの旅。 シャワー室完全ガイド JR 寝台特急 »

2009/01/03

JR 寝台特急カシオペアの旅。 食事編ガイド(ダイニングカー) JR東日本 JR北海道

前回の車内設備編につづいて食事編です。

カシオペアに乗ったからには

  • 「ダイニングカーでの食事」

は絶対体験したいイベントです。

ダイニングカーは全30席。

チャンスは3回。

ディナータイム、パブタイム、朝食タイムがあります。

特にディナーは完全予約制なので、チケットやパックの予約と同時に申し込んでおきましょう!

Dsc02216

時間帯は下記から選ぶことができます。

  • 1回目 17:15~18:15 懐石御膳
  • 2回目 18:30~19:50 フランス料理
  • 3回目 20:10~21:30 フランス料理

1回目だけは時間も短いので、懐石御膳だけですが、2回目、3回目は1人がフランス料理、1人が懐石御膳といった感じで別々の料理を予約することも可能です。ちなみに2回目と3回目では2回目のほうが人気が高く早く埋まっていきます。 2回目まででしたら、夏の日の長い季節であれば、日が暮れ行く中で夕食を楽しむことができます。

料理ですが、

懐石御膳は、

季節の小鉢三点盛が出てきた後は、

Dsc02700

御膳がそのまま出てきます。

Dsc02739

中身はとっても充実。

●口変り

玉子焼、にしん柚香焼、華いか焼売、さより抹茶巻、有頭海老艶煮、黒豚味噌焼、北海つぶ貝、手毬サーモン、花蓮根、ずいき煮含め、はじかみ生姜、

●煮物

里芋、博多高野、筍、玉こんにゃく、牛蒡、絹さや、季節人参

●刺身

サーモン、海老、小鯛、あしらい

●揚物

たらば蟹包み揚げ、牛蒡つみれ、青唐

●季節の炊き込みご飯・お吸い物

が入っています。

そして最後に和菓子で〆。

けっこうなボリュームです。

Dsc02824

一方のフランス料理のコースは、

●サラダ仕立てのオードブル

アスパラガス、フルーツトマト、帆立貝と蟹のサラダ バルサミコ風味から始まって、

Dsc02717

平目の湯葉包み蒸しバジルのムスリーヌ添え青森産ニンニクのクリームソース、

Dsc02777

牛フィレ肉のソテー 温野菜添え 赤ワインソースと続いて、

Dsc02818

特製デザートとフルーツの盛り合わせとコーヒーで〆。

Dsc02832

ちなみにプチパンはおかわり出来ます。

Dsc02702

おいしかったー。

きっと

だけでなく

  • この列車に乗って食べるというイベント感
  • 車窓

を一緒に味わって楽しむことがプライスレスな体験なんだろーなー。

Dsc02742

だって、利用するお客様の8割以上がデジタルカメラかビデオカメラを持ち込んで、それぞれに思い出を撮影している食事風景なんてあまり経験がありません。

スタッフの方も

「写真を撮りましょうか?」

と聞いて回るサービスがあったり、とてもあったかい雰囲気。

一方、朝食もオススメ。

朝食は6:30からですが、すぐに満席になるので、6:15には並んで待っていたほうが確実に席を確保できます。

で、

洋食セットか、和食セットが選べます。

Dsc03167

洋食は「白身魚」の味付けが違います。

あ、

それと「ご飯と味噌汁」が「パンとコーンスープ」になります。

Dsc03180

あと、

フルーツヨーグルトと

Dsc03158

100%ジュースと、

Dsc03161

食後のコーヒーか紅茶がつきます。

Dsc03211

朝食なんてこんなにゆっくり時間をかけて食べるのはホント久しぶり!

朝食も夕食も

ご馳走様でした。

ちなみにディナー時のアルコールは

生ビールは北海道限定のサッポロクラシック、

Dsc02706

ワインはカシオペアオリジナルラベルの赤と白があり、

Dsc02763

ココでの「特別感」を味わうことが出来ます。

次は「シャワー室編」です。

そのほかの豪華寝台列車レポート

●北斗星レポート

●トワイライトエクスプレスレポート

●カシオペア展望スイートレポート

●カシオペアツインレポート

●オーストラリア ザ・ガン レポート

« JR 寝台特急カシオペアの旅。 客室車内設備完全ガイド(カシオペアツイン) | トップページ | カシオペアの旅。 シャワー室完全ガイド JR 寝台特急 »

アルコール・ドリンク」カテゴリの記事

グルメ」カテゴリの記事

レストラン」カテゴリの記事

旅行」カテゴリの記事

鉄道」カテゴリの記事

コメント

おおお!!
想像以上です。寝台列車・はやぶさ富士では駅弁さえ朝にならないと販売されないので、乗車前に食べ物を調達しておかないと食いっぱぐれてしまうといいますのに、この違いはなんでしょう?(金額ですよね。)
それにしても豪勢。
YASさんのブログをみて興奮気味の私、カシオペア、と騒ぐ私。
夫が「行ってもいいけど、向こうで車がないと何処もいかれないんじゃないの?」と突っ込みをいれて私の夢を壊します。
オリエント急行に学生時代から憧れている私、日本のオリエント急行ともいえるカシオペアは憧れ中の憧れなんです。こんな列車なら2,3泊したいですよね。
ひとり盛り上がってしまいましたが、え~っと、2回食事を召し上がったのですか?

>あおいさん
こんばんは!
北海道での移動はレンタカーが便利ですが、JRでも「北海道フリーパス」というものがあってそちらもまた便利だったりします。
え~っと、ダイニングカーでの食事は2回いただきました。夕食と、朝食です。どちらもオススメですよ。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/216501/43571306

この記事へのトラックバック一覧です: JR 寝台特急カシオペアの旅。 食事編ガイド(ダイニングカー) JR東日本 JR北海道:

« JR 寝台特急カシオペアの旅。 客室車内設備完全ガイド(カシオペアツイン) | トップページ | カシオペアの旅。 シャワー室完全ガイド JR 寝台特急 »