« 2008年10月 | トップページ | 2008年12月 »

2008年11月の30件の記事

2008/11/30

ザ・プレミアム・モルツ〈黒〉

最近、

交通広告でも、

Dsc05843

新聞広告でも、

Dsc05894

焼肉屋さんでも、

Dsc05717

居酒屋さんでも、

Dsc05814

バーベキューでも、

Dsc05613

家でも、

Dsc05872

見る機会と飲む機会が多くなった、

(とゆーか、飲みまくっている)

プレミアムモルツですが、

どーん!

久しぶりー!!

Dsc05865

続きを読む "ザ・プレミアム・モルツ〈黒〉"

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2008/11/29

ホルモン稲田 目黒

さて、

  • ざぶとん

  • さんかく

と聞いて、

  • 「おいしそうだねぇ!」

と思った人は、そーとーのお肉好き。

そんな人は迷わず、「ホルモン稲田」へGO!

Dsc05705

店内はこんな感じ。

Dsc05773

スタッフのみなさん、若くてハキハキ。

お肉初心者の方にもきちんと丁寧に

味や風味、それからお値段まで解説してくれます。

Dsc05713

こういったサービスはうれしかったりします。

さてさて、お肉のほうですが、

まずはこの「レバ刺し」。

Dsc05728

こんなにトロトロプルプルで肉厚のレバ刺しを食べたことはありません。

そりゃ、「プレミアムモルツ」も進むわけです。

Dsc05718

そして、いよいよ「ざぶとん」の登場。

牛肉の「大トロ」といわれる部位。

Dsc05734

すっげー!!店員さん曰く、

「5秒間焼くだけでいいです。ナマでも食べれますので。」

とのこと。

では片面5秒の焼肉を動画でどうぞ。

はじめて食べました。

うまいです。やわらかいです。

そして、「さんかく」。肩ロースのちょっと下です。

こちらは

「3秒焼き」でいいそうです。動画でどうぞ。

さらに牛タンもたまりませんよ。

続きを読む "ホルモン稲田 目黒"

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2008/11/28

Bar(バー)飲みあるき。

今まで

  • ビール

でしたけど

不惑を目の前にするとそのほかのアルコールも飲まないといけないと勝手に思い始め、

サントリーさんのハイボール講座を受けた次第です。

で、

そこで、ウィスキーを知ったわけですが、

まだまだ、バー初心者の私は

Dsc08469

こんな飲み物でお茶を濁すわけです。

↑↑↑

「アルコール」なのに「お茶」って。。。

ま、ここのバーは

  • 会社から近くて
  • 景色が良くて
  • リーズナブルで
  • けっこう語れる

のが良かったりします。

で、

さらに、最近ダーツバーに誘っていただける方がいて、ダーツバーの楽しみ方を知ったわけで、連れて行ってもらったのが銀座のとあるダーツバー。

Dsc03508

マスターも若いのにしっかりもの。

Dsc03505

ケーキとシャンパンも合うのねぇ!

Dsc03511

で、

別な日に

ひょんなことから、

仲間内(30人弱)でダーツバーに行ってきました。

Dsc05262

続きを読む "Bar(バー)飲みあるき。"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008/11/27

あくなき挑戦。

積年の課題。

  • 看板

  • 自転車

ま、

だいたいは

自転車側に非があるのですが。

参考:風が吹けば桶屋が儲かる

そこを、

あえて、

駐輪禁止、撤去しますよー。

の看板の前に敢然と立ち向かって停めてある自転車たち。

勝負を挑んでます。

Dsc03402

しかし、

「看板」対「自転車」の戦いはそれだけではありません。

続きを読む "あくなき挑戦。"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008/11/26

毎日の人生に「ひらめき」を。

とある駅での

特急の通過待ちをしている車内から見かけた、

昼下がりのひとこま。

初老の男性が鉄道路線図を見ている。

Dsc05564

ちょっと悩んでいる様子。

と、

そこへ奥様らしき方が、来て路線図を指差していろいろ説明している。

Dsc05576

すると、

男性は分かったと見えて、一言なんといったでしょう?

答えは、

続きを読む "毎日の人生に「ひらめき」を。"

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2008/11/25

珠屋洋菓子店 葉山 ピーチロール

3日連続のロールケーキネタ。

ま、

人生経験が豊かになると、

それが、

  • 年輪

としてシワにも経験にもいろいろなカタチとして刻まれるわけですが、

  • ロールケーキ

はどうなんでしょう??

そもそも、「ロールケーキ」とは、

  • 薄く焼いたスポンジ生地にクリームをぬってくるりと丸めたもの。(はてなより)

とゆーことで、

  • 何重に巻くか?

という定義は無いらしい。

最近では堂島ロールに代表されるように、あまり「巻かない」のが主流なのでしょうか?

Dsc08126

それを確かめに、葉山の珠屋洋菓子店へ。

するとそこにはちゃんと巻かれたロールケーキがありました。

続きを読む "珠屋洋菓子店 葉山 ピーチロール"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/11/24

果山(KAZAN) フルーツロール 東京駅グランスタ ロールケーキ

2日連続のロールケーキネタ。

再び東京駅に寄ったので、

再びのグランスタ東京。

Dsc05671

で、

エスカレーターを降りた一番手前の左手が、

「アルポルト」片岡護シェフによる、絶品ドルチェのお店。

Dsc05680

の、

隣にあるのが、果山(かざん)。

Dsc05677

ここの良いところは、

フルーツ盛りだくさんなこと。

  • 少人数で、
  • ちょっとしたお祝いに!

というときに、フルーツロール、おすすめです。

続きを読む "果山(KAZAN) フルーツロール 東京駅グランスタ ロールケーキ"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008/11/23

PASTICCERIA ALPORTO(アルポルト) 東京駅グランスタ ロールケーキ

久しぶりに東京駅に寄ったので、

久しぶりのグランスタ東京。

Dsc03392

で、

エスカレーターを降りた一番手前の左手が、

「アルポルト」片岡護シェフによる、絶品ドルチェのお店。

Dsc03400

ここの良いところは、

ハーフサイズがあること。

  • 少人数で、
  • だけど1つに決めることが難しい!

というときに、ハーフサイズ、おすすめです。

Dsc05388

続きを読む "PASTICCERIA ALPORTO(アルポルト) 東京駅グランスタ ロールケーキ"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008/11/22

眼鏡橋と日本橋

日本三大名橋の1つ、

長崎の眼鏡橋。

Dsc01095

水に映えるアーチの造形がとてもキレイ。

実は、この眼鏡橋、川面に下りることが出来ます。

橋の、

Dsc01104

横に、

Dsc01106

階段があり、

そこから見上げるとこんな感じ。

Dsc01107

さらに渡り石があって、

Dsc01094

ソコから見ると、

こんな感じ。

Dsc01113

やっぱり、

  • 「空」

があっての

  • 「橋」

だねぇ。

一方、

日本三大名橋の1つ、

東京の日本橋。

Dsc07765

続きを読む "眼鏡橋と日本橋"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008/11/21

ちょっとビックリする看板。

別に、

何か

  • 悪いコトをしている

とか

  • 後ろめたいコトをしている

わけではないけど、

ちょっと緊張してしまう看板。

Dsc05727

「防犯」。

Dsc02115

「特別警戒」。

Dsc05367

「捜索が困難」。

Dsc05370

「監視中」。

Dsc01163_2

そして、

「罰せられます」。

でも、こんな場所にあったら寄りかかっただけで偶然に押してしまいそうなのですが。

1_3

で、

一番ビックリしたのは、

続きを読む "ちょっとビックリする看板。"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008/11/20

インド料理 オーカルカッタ 藤沢

最近すっかり

インドカレーづいてますが、

それぞれお店によって味が違うわけで、

きっとラーメンでいえば「喜多方ラーメン」と「尾道ラーメン」の味が違うようなものなのでしょう。

スパイスの使い方だけでも違うしねぇ。

というわけで、久しぶりの地元のお店。

入り口はビルの3階にあります。

Dsc08552

「入り口まで」はすこしわかりにくいですが、「入り口自体」は何を扱っているか一目でわかる色とロゴ。

Dsc08557

店内はこんな感じ。

Dsc08560

さっそくオーダー。

Aセットだとカレーが1種類、Bセットだとカレーが2種類、Cセット以上だと、そこにタンドリーチキンが付いたり、飲み物が付いたりするインドカレー専門店の定石。

で、こーいったお店でいつも思うのですが、

Aセットのほうが安くてボリュームがあると思うのは私だけでしょうか?

なので、

2種類以上どうしても食べたいというときはBセット以上がおすすめですが、

普段はAセットでもいいかも。

という検証をしてみました。

続きを読む "インド料理 オーカルカッタ 藤沢"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008/11/19

変化を受け入れる。

世の中の流れの変化を

  • 受け入れる

コトもタイセツですが、

世の中に自分の流れの変化を

  • 受け入れてもらう

こともタイセツだったりします。

それは、突然であっても、同じこと。

例えば、

Dsc03336

急に「辞める」とか「休む」とか言っても、

Dsc03335

きちんと、その後に立派な姿を見せてくれれば周りの人は何もいいません。

むしろその成長ぶりを喜んでくれるはずです。

Dsc04498

要は

「キチンと伝えて理解してもらうこと」

がタイセツなんだなぁと。

続きを読む "変化を受け入れる。"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/11/18

DEATH RACE(デス・レース)

昨日、ココログの招待で

「デス・レース」

の試写会に行ってきました。

Dr__black 

ま、

いままで私がオススメした映画とは対極にあるおどろおどろしいタイトルです。

「現代版グラディエーター」と言われているそうです。

だって、監督が、「バイオハザード」とか「エイリアンVSプレデター」とか作った、ポール・W.S.アンダーソンですから。

場所は久しぶりの

九段下!

夜の科学技術館。

Dsc05342

武道館のライブに参戦していらいかも。

続きを読む "DEATH RACE(デス・レース)"

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2008/11/17

ターミナル(終着駅)模様。

人生はいろいろなところで

  • 達成感

を感じるコトがありますが、

鉄道での

  • 達成感

  • 「終着駅」

に他なりません。

それぞれ人も鉄道も走り続けて無事に到着し、カラダをゆっくり休めてまた走り出すわけです。

そんな終着駅の中で一番のお気に入りはすっごくベタですが、上野駅。

Dsc00632

特に13番線から17番線の櫛形(くし型)ホームの情景がお気に入り。

Dsc00623

昔は、「ひばり」、「はつかり」や「とき」、「白山」、「あさま」などそうそうたる名特急が発着していた場所です。

さまざまな「出会い」と「別れ」と「希望」と「挫折」と「恋心」と「傷心」が交錯してそれが到着と出発とさまざまな土地への思いとさまざまな土地からの思いが混沌としてそんなイベントが毎分、毎時、毎日。それをすべて受け止める上野駅の13番線から17番線。

あとは会津若松駅のような屋根の無いターミナルもイイ。

Dsc08880_2

先日訪れた、長崎市電もいい感じ

「何も無い」のがイイ。

「正覚寺下」電停と、

Dsc01633

「石橋」電停。

Dsc01087

一方、地下駅でのターミナルにもそれぞれの個性が。

まずは京急羽田空港駅。

Dsc04245

空での悲喜こもごもを載せてフライト、を「する」人と「した」人が交わる駅。

他にも地下の終着駅にはさまざまな希望が詰まっています。

続きを読む "ターミナル(終着駅)模様。"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/11/16

Devi IndiaとDevi Corner 品川 高輪

たまにカレーを食べたくなるときに、会社の近くにあって利用しているお店。

Devi Corner(デヴィコーナー)

Dsc02547

と、

Devi India(デヴィインディア)。

Dsc04473

両方とも、

DEVIグループのお店。

まずは、Devi Corner(デヴィコーナー)。

店内はこんな感じ。

Dsc02530

ここで、野菜たっぷりのカレーをいただきます。

Dsc02543

もちろん、

ナンもいっしょ。

Dsc02538

ナンってやっぱりアツアツが一番!

お持ち帰りでは味わえないこのフックラ感。

Dsc02540

つづいて、Devi Corner(デヴィコーナー)にも出没。

続きを読む "Devi IndiaとDevi Corner 品川 高輪"

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2008/11/15

バニラ・スカイ

Dsc05208

りんかい線。

Dsc07921

日産スタジアム。

Dsc08596

埼玉スタジアム2002。

Dsc01619

長崎市電。

Dsc05193

メガウェブ。

Dsc05149

大船駅。

Dsc07798

ビッグサイト。

Dsc06363

品川駅。

Dsc03705

江の島エスカー。

Dsc03959

羽田空港。

続きを読む "バニラ・スカイ"

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2008/11/14

湘南ガトーアベニュー 葦(ashi)

しっかし、人間は良く出来たもので、

急に甘いものが食べたくなるときがあり、

そのときの購入する理由付けを考えようとすると、

  • 記念日が近い
  • ⇒といってもそんなに重要な記念日ではなかったりする
  • 週末だから
  • ⇒といっても水曜日だったり
  • 今日一日がんばったから
  • ⇒といっても会議のプレゼンがうまくいったとかくらい
  • 最近自分にご褒美買ってないから
  • ⇒といっても毎日飲み歩いてたり

というわけで総合的に

  • 「買ってヨシ」

と自己決断を下すまでに2秒くらい。

ほんとスラスラ出てくる。

普段の企画会議でこういったくらいアイデアがスラスラと出てこないものかと思うくらい。

で、湘南ガトーアベニュー 葦(ashi) 。湘南地区に9店舗展開中。

Dsc05224

そこで、

モンブランを目の前に郷愁がよみがえり、

  • 小学生の頃はケーキといえばモンブランだったなー。
  • だけど高校に入ってからはまったくモンブランと疎遠になったなー。
  • どうせだったら同窓会気分で久しぶりに食べてみる?

とこれまた1.8秒くらいで小学生から現在までを走馬灯のようにレビューして購入決定。

Dsc05232

ウマー。

モンブランを考えた人はホントエライ!

だって、ずーっと定番商品でモンブランに振り向かなくなったウン十年の時を経ても、場所が変わっても、きちんとケーキ店には置いてあります。

そもそも「ケーキ」自体を「スィーツ」と呼ぶようになっても「モンブラン」は「モンブラン」。

安定感バツグンです。

で、他にオススメの「スイーツ」は「シトロン」。

続きを読む "湘南ガトーアベニュー 葦(ashi) "

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008/11/13

カンバンのチカラ

カンバンには個性があります。

それが、

  • 「手書き」

であるほど味わい深い。

決してマネはできません。

例えば、

Dsc03938

つまり、

「カンやゴミを捨てないこと!」

だけど、

最後の

  • 「と」

が無い貼り紙も隣にあります。

Dsc03941

つまり、

「カンやゴミを捨てない子!」

うーん。

奥が深い。

一方で、

Dsc00976

丁寧に理由を解説。

井戸はのんでものまれるな。

つづいて

「しめています」。

続きを読む "カンバンのチカラ"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/11/12

東京ドーム バルコニー席(シーズンシート)座席表 見え方完全ガイド

東京ドームのなかで普段の野球観戦では

シーズンシート(年間シート)として売られていて、

  • ROYAL WING(ロイヤルウイング)
  • GRAND WING(グランドウイング)
  • SUPER WING(スーパーウイング)

という名称(カテゴリー)になっている席。

それがバルコニー席。

赤く囲んだ1階席と2階席の間の席です。

Dsc05118

ちなみに、

1年間の「1席」の利用料は

それぞれ、

63万円~109万円!で販売されている席。

あくまでも「1席」なので、夫婦や親子で観戦するために購入するにはこの2倍かかるわけです。

ここが、シーズンシートでの契約対象外の試合、

つまり

オールスターゲームや日本シリーズでは一般に売りに出され、シーズンシートを持っていなくても買えるゲームだったりします。

Dsc03782

そこでは、他のシートでは味わうことのできない数々のサービスが!

さっそくレポートします。

まずは、専用のゲート、30ゲートから入場(1塁側の場合)。

すると、入ってすぐにオシボリを手渡しでいただけます。

Dsc04855

そして、席は2列横並び、

Dsc05099

もしくは4列横並びの席のみ。

Dsc04899

つまり、ペアで来ている場合に、他の方の視界を遮ることなくトイレや休憩に離席することが出来るんです。

で、クッションのきいた快適な広めのシート。

もちろんテーブルと荷物かけ用のフックも付いています。

Dsc05147

列は最大で5列まで。

また、モニターも完備。

Dsc04987

ま、皆さんフツーはグラウンドの方を見ておりますが。(笑)

で、シートも「ゆったり感」もすばらしいのですが、

さらにココには他のシートにはない、

「プレミアムラウンジ」の「ビュッフェセット」というサービスがあります。

Dsc04920_2

おひとりさま2,500円。

バイキングスタイルで、お好みでトレイによそった後は、

併設されているラウンジでテレビを見ながら食べるもよし、

Dsc04923

席が広いので、席まで持っていって食べるもよし。

まずは、ラウンジで受付を済ませると、

Dsc04900

首からかけるカードをいただくことが出来ます。

これでラウンジ内のメニューが食べ放題。

Dsc05151

肝心のメニューは、

サラダやおつまみから始まり、

Dsc04904

定番の焼きそばや揚げ物、

Dsc04907

パスタやグラタンなどの洋食もあります。

Dsc04908

また、ハッシュドビーフやスープはスタッフの方が取り分けてくれます。

Dsc04913

で、チョイスしたメニューはこんな感じ。

Dsc04915

まだ1回目ですから、このくらいで良しとします。

ちなみにビールはキリン一番搾りとアサヒスーパードライが700円で別売りです。

ま、他のフロアーだと800円ですからすこし良心的。

Dsc04926

さらにデザートもありますが、

デザートは3回表になってから提供開始。

Dsc04916

で、その間にビールも食べ物も試合も進み、今度は併設の売店に。

Dsc05029

ここには応援グッズ売店のほかに、ビュッフェを利用しない方向けに軽食や飲み物の売店があります。

そこで、最近はまった「ウィスキーソーダ」をオーダー。

Dsc05048

それに合う(と思われる)オツマミをビュッフェで取って再び応援。

Dsc05042

そうこうしているうちにデザートも提供開始。

Dsc05059

一通り食べましたが、一番のオススメは奥にすこしだけ写っている「かぼちゃプリン」!

かぼちゃとプリンが好きな方にはぜひ食べてほしい一品です。

さて、話がかなりそれましたが、本題の、

バルコニーシート席別アングルガイドをお届けします。

続きを読む "東京ドーム バルコニー席(シーズンシート)座席表 見え方完全ガイド"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008/11/11

第11回 SUPER DRY B-JAM Zepp Tokyo 加藤ミリヤ

昨日は久しぶりの台場エリア!

東京テレポート駅を降りると、(りんかい線ができてホント便利になったよ。←ってかなり前だけど、開通したの。)

Dsc05163

フジテレビや、

Dsc05203

VenusFortや大観覧車にも目もくれず、

Dsc05166

メガウェブを通り抜け、

Dsc05170

やってきたのは「Zepp 東京」。

Dsc05176

そこで、アサヒビール主催の新人発掘・応援ライブ、

「スーパードライ B-JAM」に行ってきました。スペシャルゲストは加藤ミリヤ。

その前に一般公募から選ばれた「Web投票No1のアーティスト」と「SUPER DRY B-JAM選考委員会から選出されたアーティスト」が出演する第1部と、レーベル推薦のアーティストが出演する第2部があります。

久しぶりに、自分が普段聞かないジャンルも含めていろいろな「音楽」に触れることが出来ました。

続きを読む "第11回 SUPER DRY B-JAM Zepp Tokyo 加藤ミリヤ "

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008/11/10

日本シリーズ第7戦 巨人vs西武 東京ドーム

子どものころのほうが野球をよく見ていました。

最近はめっきりスタジアムから足が遠のいてますが、

そのころから、

  • 甲子園の高校野球の決勝戦

  • 日本シリーズの第7戦での日本一を決める試合

を見に行きたいと思っていました。

理由は、

  • 真剣で、
  • 両チームとも明日を考えずに、
  • 今日のこの試合を精一杯、
  • 総力戦で戦う試合だから。

今回、その夢がかないました!

Dsc04834

で、

いそいそと東京ドームへ。

Dsc04844

念願の、日本シリーズ第7戦です。

Dsc04851

過去15年さかのぼっても

  • 第7戦までもつれて、
  • 関東圏で試合があった年は

たった1度だけ。

この日をドームで見れることにひたすら感謝。

席はなんと、

「バルコニー席」!

それも「1列」。

レギュラーシーズンでは年間シートとして売られているレアな席です。

(※この席についての詳細レポートは後日おとどけします。)

Dsc04897

で、ここの特徴の1つとして、ブッフェがあること。

Dsc04920

とゆーわけで、

まずは腹ごしらえ。

Dsc04930

いよいよ、試合開始!

ライト側スタンドの上段に位置する席で観戦。

Dsc04934

こんな感じで見える席です。(8秒)

で、試合は予想通り1点をあらそう好ゲームでした。

まずは西口のワイルドピッチで巨人が先制。(52秒)

その後、坂本のホームランで2点目!盛り上がる巨人ファン!(28秒)

ですが、この後から巨人はさっぱりヒットがでません。。。

5回にボカチカにソロホームランが飛び出すと、

Dsc05049

レフトスタンドの西武ファンは大盛り上がり!

さらに、7回に同点に追いつくとこのボルテージで選手を後押し。(29秒)

さらに平尾が勝ち越しタイムリー!!!(64秒)

そしていよいよ運命の胴上げの瞬間が近づいてきます。

続きを読む "日本シリーズ第7戦 巨人vs西武 東京ドーム"

| | コメント (2) | トラックバック (1)

2008/11/09

東京競馬場 C指定席観戦ガイド 席別見え方

先日、

東京競馬場の芝生で浴びるほどビールを飲んで、

そのときの仲間と、

「面白かったねー、また行こう!」

って盛り上がって、実現したのは半年後のすでに秋深しな季節。

なので、今回は芝生で陣取るとバツゲームになりそうなくらい寒かったので、

C指定席を購入。1人1,000円です。

これが、予想以上に快適でした!

まずは、前回も驚いたどこかのホテルのロビーかと思うくらいの開放感に驚き、

Dsc04661

3階にあがると、イタリアのようなカフェのストリートに驚き、

(すみませんイタリアに行ったことないので、個人的なイメージですが。)

Dsc04674

ショッピングモールのような吹き抜けに驚き、

Dsc04686

チケットを購入して、指定席階へ。

Dsc04697

5階と6階が指定席エリアなのですが、どーせだったら一番上にということで6階の指定席を選択。

入り口には警備員がきちんとチェック。だけどものものしいわけではなく、「いらっしゃいませ!」とかすごく丁寧かつ気持ちのいい応対に感動。

Dsc04732

で、席はこんな感じ。2名掛けになっています。

Dsc04702

横から見るとこんな感じ。

シートと肘掛は上に跳ね上げるようになっています。

Dsc04704

で、

それぞれの席にはモニターが設置されていて、オッズや実況を見ることが出来ます。

Dsc04711

ドリンクホルダーの横にはマークシートを立てておくスペースもあり、至れり尽くせり。

Dsc04723

で、一番すごいサービスは、

各席に「コンセント」が付いていて、

Dsc04720

無線LANが提供されていること!!

Dsc04742

そーすると、PCを持ち込んで、JRA-VANからデータを取りつつその場で買えたりするわけです。

Dsc04758

赤ペンを耳にかけて、馬券を握り締めて絶叫するというスタイルが主流だったこととは隔世の感があります。

このスタンドからのターフの見え方を動画でおとどけ。

いかがでしょう?芝生席でかじりついてみるのもアリですが、これもアリかと。

で、6階のC指定席はこれだけの幅があるのですが、

Dsc04728

赤枠はJRAカードの会員になって事前予約で取れる席。

1

42列より左は「A指定席」で2,000円と倍の値段になります。

ココが「1,000円のカベ」の境界線。

Dsc04763

で、

お腹もすいたので、ランチに向かいます。

今回は3階に入居している、「エクセルシオール カフェ(EXCELSIOR CAFFE)」にしました。なぜかというと「エクセルシオールカフェ」のチェーン店でもこの東京競馬場店でしか売っていない、

  • 「特製ヒレカツサンド」

があるから。

Dsc04667

コーヒーとセットで1,000円。単品だと750円。

で、

もちろん「単品」で購入して、ビールを別のお店でGETしたことは言うまでもありません。(笑)

Dsc04750

中身はこんな感じ。

Dsc04753

肉厚感がたまりません!

Dsc04755

お腹もいっぱいになったところで、

東京競馬場C指定席席別見え方ガイドをお届け。

まずは先ほども少し書きましたが、42列付近から。

続きを読む "東京競馬場 C指定席観戦ガイド 席別見え方"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008/11/08

悲しい光景。

よかれと思ってやっているんですよ。

サービス提供側は。きっと。

だけど、

だけど、

だけど、

自由に利用できるのに誰もいない休憩スペース。

Dsc04628

誰もいない、映画館のフロアー。

Dsc04621

リアルキアイダー。

Dsc04839

誰もいない、誰も待っていないタクシー乗り場。

Dsc07834

鉄道のりば??エレベーター経由??

Dsc07227

続きを読む "悲しい光景。"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/11/07

積み重ねは金。

実は

先日の「湘南マラソン 江の島から茅ヶ崎まで」の記事で

この「湘南生活」が、

  • 500記事達成!

いままで読んでいただいた皆様にこの場を借りて御礼申し上げます。

で、「湘南生活」ブログを始めてちょうど

  • 「500日目」

です。

つまり、

  • 1日1記事。

それ以上書きたい!と思うときもあるのですが、そうするとさすがに本業に支障が出そうですので、今の私の生活スタイルではこの量がちょうどいいかも。

その前にも、ちょくちょく

を書いていましたが、

今見ると文も内容も稚拙感がぬぐえません。。。

(ま、今も文体はたいして変わっておりませんが。)

で、これだけ続けてこれたのは、というか「やらねば!」と思ったキッカケは

あるブロガーさんにお会いしたときに、

「アフィリエイトの会社の方が、アフィリエイトを紹介するんだけど、実際にブログも書いていないし、アフィリエイトも使っていない。そういった人の話は説得力もないし、使いたいとも思わない」

と話していたとき。

当時の私は「アフィリエイトのイベント」はしておりませんが、「ブロガーさん向けイベント」とかいろいろ仕掛けてはいろいろ反省という繰り返し。だけどなんともしがたいのが

  • 主催者側と参加者側の距離感

だったりするわけで、

ソコを埋めるのにはやっぱり

  • 自分で書いて
  • 自分で悩んで
  • 自分で痛感して
  • 自分で喜びを感じて
  • 自分で楽しむ

コトが必要だなぁと。

これって、天才肌の人であれば、完全にマーケティングの理論武装をして対峙すればあっさりクリアできるコトかも知れませんが、いかんせん私はそんな知識も技術も持っておりませんので、そこは書いているという「実績」を重ねていこうと考えたわけです。

で、書いてみた結果、

  • 楽しいこと>ツライこと

だったので続けることが出来たと思われます。

毎日の通勤でも、意外と発見があって、

「アレ?駅名板が壊れている」

とかいままでは写真に撮らなかったですもの。(悲)

Dsc03761

で、

なおった時も写真をとらなかったですもの。(喜)

Dsc04529

続きを読む "積み重ねは金。"

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2008/11/06

三沢厚彦 アニマルズ 08 in YOKOHAMA

生まれ変わったらほしい才能。

それは、

遠くの音までも聴き分けられる耳と、

Dsc03820

遠くの危険も見分けられる目。

Dsc03818

コレがあれば、

世の中もっとうまく生きていける。

って思いました。

このキリンをみて。

Dsc03829

そんな展示会がこちらの

「MISAWA ATSUHIKO ANIMALS '08 in YOKOHAMA」

続きを読む "三沢厚彦 アニマルズ 08 in YOKOHAMA"

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2008/11/05

ハイボールナイト2 by サントリー

マズローの欲求段階説においては

という文字が出てきませんが、

人間はいくつになっても、どの段階でも恋をすることが必要で、それは新しい出会いから生まれるわけで、そういった経験を昨日しました。

といっても、相手は

  • ウィスキー

ですが。(笑)

Dsc04408

ま、でも

恋もウィスキーも

  • 最初はとっつきにくく
  • 理解しにくく
  • 少し試しても美味しくなく
  • だけど理解してから付き合うと良さがわかり、
  • そのうちクセになって
  • 毎日会わずにはいられなくなる

わけです。きっと。

つまり、こーいったときは出会いがタイセツ。

溜池山王の緑あふれる庭園がある、

Dsc04420

響 風亭 赤坂店」で

Dsc04204

最初はお互い理解することに努めることにします。

それが「ハイボールナイト2」~和食とハイボールのすごいマリアージュ~

席に着くと、早速目の前に、テイスティングのウィスキーが。

Dsc04206

ここでじっくり講義を聴きます。

いただいたのは

  • 山崎12年
  • 白州12年
  • ラフロイグ10年

それぞれどれも個性的であり、今回はそういったウィスキーにあう「和食」を一緒に楽しみましょう!という趣旨。

まずは、サントリーの竹内さんの講義。

Dsc04228

スピリッツ事業部に所属されている方。

まさに「ウィスキーにかける精神」が違います、一般人とは。

だって、こんな新聞をつくっちゃうくらいですから!(笑)

Dsc04494

竹内先生の説明を聴きつつ、テイスティング開始。

まずは、「山崎12年」。

Dsc04215

香りは熟した果実。濃厚な香り。味はとても奥行きがあります。味わい深い。

それから「白州12年」。

Dsc04210

香りは少しスモーキー。味は甘くてすっきり。

最後に「ラフロイグ10年」。

Dsc04212

香りは、燻製や磯の香り。味は塩っぽいけどクセになる感じ。

いやー、出会いのシチュエーションは完璧です。

さらに、今回のテーマ通り、

それぞれをソーダで割ったものをいただけるとのこと。

Dsc04277

すっかり興味をそそられたところで、「響」料理長の平山さんから、それぞれのウィスキーに合う料理を提供いただきます。もちろん美味しくなるコダワリの食材や調理法の解説付き!

Dsc04243

まずは、

白州12年には

「宮崎県椎葉村 盛田屋豆腐店 雪肌豆腐」。

Dsc04295

これに「大田原産軟白葱」と「小笠原産天然塩」でいただいてもよし、

Dsc04292

糖度17~17度もある豆腐なので、醤油をかけてもよし。

Dsc04306

チーズケーキみたい。

豆腐とウィスキーがこんなに合うとは思いませんでした。

続いて、

「山崎12年」のお相手は、

「宮崎県尾鈴村 日向豚」と「栃木県大田原産軟白葱」の炙り。

Dsc04265

どしっとした重みのある旨みを「山崎12年」がどーんと受け止めます。

最後に、

「ラフロイグ10年」には

「宮城県気仙沼漁港 牡蠣スモーク」。

Dsc04262

海の香りに対してスモーキーなウィスキーがコンフリクトを起こすことなくいい感じ。

ここまででもとても満足したのですが、おもむろに出てきたのが

「角瓶」。愛されて70年。

Dsc04320

見てわかる通り、冷凍庫に入れてあったようで、ウィスキーは凍りませんが、周りに霜が付いています。これが美味しくハイボールを飲む秘訣。

グラスに氷を一杯入れて、

Dsc04314

ウィスキーを注ぎ、ウィスキーが冷えるまで軽くステア。このときにウィスキー自体が冷えていると氷より低い温度になっているので、急激な温度変化もなく、味がまろやか。

Dsc04360

そこに静かに、ホントに静かに冷えたソーダを注ぎます。氷に当てたりすると炭酸が飛んでしまうので。

Dsc04364

で、

マドラーで上下に1回ステアして出来上がり!!

Dsc04365

実はこのつくり方をレクチャーしてくれたのが、特別ゲストのハイジマ・ボルオ氏。(笑)

Dsc04337

彼のハイボールに対する造詣はものすごく深く、常にメジャーカップと「角」をポケットに入れて歩いているほど。カレーにもハイボールだそうです。

Dsc04326

私もいつかエバンジェリストになりたいものです。(笑)

で、

そんな、「すごいハイボール」に会う料理がこちら。

どーん!!

Dsc04330

「栃木県茂木 安室 明氏の椎茸」

この肉厚感。この時期にしか手に入りません。

Dsc04379

椎茸がいい感じで「汗」をかいています。

Dsc04387

「すごいハイボール」には「すごい椎茸」が良く合います。

で、これだけで終わらないのが

ハイボールナイトのすごいところ。

何でも合うというのが分かりました。

続きを読む "ハイボールナイト2 by サントリー"

| | コメント (3) | トラックバック (2)

2008/11/04

月例湘南マラソン ハーフコース体験 ~江の島から茅ヶ崎まで~(追記アリ)

※2010年から距離がハーフから20kmに変更になりました。※

第一日曜日に月例湘南マラソンに参加することもすっかり生活に組み込まれるようになり、今月も走ってきたのですが、先月思い切って人生初の

  • ハーフマラソン

を走ったので、そのときの模様をレポート。

といっても、ハーフマラソンを走ったときはそんな気力も体力も残ってなかったので、

今回は5キロにエントリーして、その後自転車で同じコースを走ってきました。

で、コースは

海沿いを走るコース。

Dsc04178_2

ここを、このように折り返しながら走ります。

=======================

●追記●

2010年から距離がハーフから20kmに変更になりました。

それによりスタート直後の折り返しがなくなっております。

=======================

1

特に精神的に一番厳しいのは一番奥まで行って折り返した後に、再度第4折り返し点でまたゴールから遠いほうに走る部分。

だけど、おかげでその間にある

  • 「絶景」

を4回見ることが出来るわけです。

その「絶景」が、

サザンビーチモニュメント「茅ヶ崎サザンC」。

Dsc04032

そーです、サザンオールスターズの「I AM YOUR SINGER」のジャケット写真です。

Dsc04176

実際に同じアングルで撮影。

2

真ん中に烏帽子岩を見ることが出来ます。

その前を走るランナーたち。

Dsc03999

この風景を見るには10KMや5KMではたどり着かないので、ハーフを走るしかありません。

というわけでスタートからコースレポート開始!

まずはスタート地点。江の島をバックにスタートです。

Dsc03962

スタートすると、天気がいい日は左手に富士山を見ながら走ることができます。

Dsc03942

途中にはサーファーの姿も。だいぶ夏に比べて少なくなりました。

Dsc03937

さらに途中には給水ポイントも何箇所かあります。

Dsc03975

そして、ヘッドランド近くまで来ると今度はサーファーではなくて釣り人の姿が増えてきます。

Dsc03993

このあたりになるとホントに

  • 波の音

しか聴こえません。(16秒)

ホントに癒されます。

続きを読む "月例湘南マラソン ハーフコース体験 ~江の島から茅ヶ崎まで~(追記アリ)"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008/11/03

恵比寿 京鼎樓 JIN DIN ROU(ジンディンロウ) 横浜そごう店

私の知る限り、

  • シュウマイ

しか「子どものころの食生活」にはなかったのですが、

社会人になるころから

  • 小籠包(しょうろんぽう)

に出会い、それからというものの中華料理を食べに行ったときのオーダー回数は

圧倒的に

  • 小籠包>>>>シュウマイ

になっています。

ま、比べるモノではないかもしれませんが。

で、

いつも中華料理に行くと、小籠包(ショーロンポー)を頼むのですが、だいたい前菜と一緒に出されて、かつみんなで行くと1人あたり食べる個数は1個か2個。

あんなに美味しいのに。

で、

意を決して「小籠包」だけ食べに行くことに。

選んだお店が、京鼎樓(ジンディンロウ)

Dsc03846

ここのお店のウリは

小籠包を「店内で手づくり」していること。

それを「店内で見ることができる」こと。

Dsc03844

手さばきの妙を間近で見ることが出来ます。

子どものころって、これだけをずーっと見てても飽きなかったよねぇ。

Dsc03909

で、

一通りワザを堪能した後に店内へ。

店内はこんな感じ。

Dsc03905

明るい雰囲気です。

で、

席につくなりポットでお茶が運ばれてくる。

これ、意外とうれしいサービス。

Dsc03861

調味料は、醤油と黒酢、白酢。

Dsc03862

こーなると、

カラダ全体が「小籠包モード」になってくるわけで、早速オーダー。

今回は、

  • 小籠包
  • 烏龍小籠包
  • 蟹肉小籠包
  • カレー小籠包

をチョイス。

まずは、小籠包。

Dsc03868

写真で見ても、

  • スープのタプタプ感

が伝わるといいのですが。

どうにかして伝えたくて持ってみました。

Dsc03889

色が小籠包の半分ぐらいのところで変わっていると思いますが、

これが全部スープです!

これをレンゲに乗せてしょうがを載せて一口でほおばります。

するといつもの口の中で「秋の小籠包の合戦」がはじまってタイヘンなことになるわけです。まさにやけどをするかどうかギリギリの戦い。

それがまた美味しいのですが。

で、

つづいて

「烏龍小籠包」。

Dsc03894

色が違いますね。烏龍茶が生地に練りこんであり、ちょっと苦味がきいています。

続いて、

「蟹肉小籠包」。

Dsc03886

蟹肉が入ると風味が変わりますねー。

で、

最後の〆は「カレー小籠包」。

ホントにカレー味だ!

続きを読む "恵比寿 京鼎樓 JIN DIN ROU(ジンディンロウ) 横浜そごう店"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008/11/02

マーケティング読書会

いやー、久しぶりに

  • 「頭を使った」勉強会

に参加してきました。

それも金曜の夜に。

フツーの週末だったら友達と

  • 飲んで
  • 食べて
  • 話して
  • 酔って
  • あー楽しかった!

みたいな、それはそれでとても楽しいのですが、

今回は河野さんが主催するマーケティング読書会に思い切って参加。

これが実は、

  • 初めて会う人ばっかり
  • 初めて行く場所
  • 初めての勉強会

という初物づくしでした。

読書会の題材は

セス・ゴーディンの「パーミションマーケティング」

いわゆる、マーケティング本の中では「古典」ですが、いまだに多くの会社で実現できていないマーケティング手法だったりします。10年前に出版されたときに一度読みましたが、

こーいった、マーケティング本って

  • 読み捨て、読み流し、読んだ感

だけで満足してしまい、決して

  • 読み返し

をしてこなかったのもまた事実。

あらためてじっくり読み返しました。

なぜなら、「事前に読んで分かった点や不明な点をまとめておく」という

  • 宿題

があったから。

宿題なんてきっと学生以来。だけど学生の時と違って自分で手を上げて参加してかつ少人数なので、ななめ読みなんかじゃ駄目なわけで、久しぶりに本と向き合った気がします。

とゆーわけで、参加しての感想ですが、

  • 充実した2時間!

でした。

やっぱり、能動的に集まると違うもんだねぇ。

初対面の中で人の考えを理解して、自分の考えをそこにつなげて、

まさに「スクラブル」状態。

Dsc03912

続きを読む "マーケティング読書会"

| | コメント (2) | トラックバック (1)

2008/11/01

ダバ インディア(Dhaba India) 南インド料理 京橋

1年に50回くらいは食べてると思うよ。

だけど飽きない。

小学生のころの給食とかで食べたのも含めると人生において2,000回くらい食べていると思われます。

それが、

  • カレー。

だけど、

今までスプーンでしか食べたことが無くって

で食べたのは今回、2001回目にして初めての体験。

そんな体験を、

「ダバ インディア」でしました。

Dsc03688

店内はこんな感じ。

Dsc03755

ですが、営業時間中は毎日こんなに大賑わい!

Dsc03692

で、一番すごいのは、「お客様」として「インド人」がたくさんいること!

こーいった各国の地元料理店ってスタッフはもちろんその国の方が多いのではあるけれど、お客様もロコ的な感じだと妙な安心感というか信頼感を覚えるわけです。

で、早速オーダー。

まずは、

南インド名物ティファン料理のドーサを注文。今回は玉ねぎと香菜の入った「オニオンドーサ」をチョイス。

Dsc03699

サンバルカレーとココナツチャツネ付きです。

肝心の本体にはクレープの生地の中にタマネギのみじんぎりがどっさり!

Dsc03706

そりゃ、インドビールの「キングフィッシャー」も進むワケです。

Dsc03695

続いて、

ひよこ豆と玉ねぎのサラダ。

Dsc03709

ソコに「タンドーリチキン」の組み合わせの妙!!!

Dsc03712

そりゃ、インドビールの「ゴールデンイーグル」も進むワケです。

Dsc03716

そして、いよいよ「カレーライス」を

  • 指で食べる

瞬間が!!

続きを読む "ダバ インディア(Dhaba India) 南インド料理 京橋"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年10月 | トップページ | 2008年12月 »