« すし善 本店 円山公園 札幌 | トップページ | 江の島展望台(展望灯台) 藤沢 »

2008/09/06

串カツ・ふらゐ専門 串の坊 銀座店

銀座のとある小路を歩くと、

Dsc08157_3

こんな、

  • 一見さんお断りオーラ

とゆうか、

  • 一見さん見過ごしオーラ

が出ている扉があります。

Dsc08283

おそるおそるトビラを開けると、外のイメージと違うモダンな感じ。

Dsc08281

串カツやフライのお店のイメージって

  • 「油」の匂いが充満してて、
  • お腹一杯というか油一杯になった「満腹感」というか「満油感」のようなものを、
  • ビールで流し込んで、
  • 翌日もたれる、

という王道が確立されていた気がして、歳を重ねた現在ではめっきり足が遠のいていたことも事実です。

ですが、このお店はそれが一切当てはまらないお店でした。

Dsc08159

まずは、野菜で準備運動。

つけタレは、

Dsc08168

秘伝のソースからからしから塩からマヨネーズベースまでさまざま。

それを銘々のタレ皿にきちんと「着席」させて、

Dsc08172

ここからはおまかせで串がひたすら「出席」してくるのを待ちます。

まずは、芝海老の紫蘇巻からスタートすると、

Dsc08164

あとは「ストップ!」というまでいろいろ出てきます。

牛ヒレ肉。

Dsc08175

生椎茸に海老のすり身をつけ、タルタルソースで。

Dsc08180

ずわい蟹鱚巻。

Dsc08187

なす。

Dsc08191

こーなってくると、ビールから焼酎にモードが切り替わり、「村尾」で一杯目。

Dsc08193

「伊佐美」で2杯目と進みます。

Dsc08215

さらにこんな揚げ方見たことない!

グリーンアスパラガスが登場。

Dsc08204

串揚げというより、アスパラ自体が串になってどーん。

この大きさに2度びっくり。

さらにさらに続きます。

活車海老。

Dsc08209

豚肉とマツタケ。マツタケはスダチでいただきます。

Dsc08217

マツタケから始まる秋の味覚はさらに銀杏で増大し、

Dsc08230

なすでピークに。

Dsc08235

さらに海鮮系へと舞台を移し、一番右は子持ちわかめ。

Dsc08246

一口ほおばって確認してみたところ、確かに「子持ちわかめ」でした!

Dsc08249

そーなると、すでに日本酒へと舞台は移り、

「蒼空」に突入。

Dsc08260

あとは気の向くまま、話の向くまま。

今回のメンバーでの顔合わせは始めてだったのですが、

みなさん、賢い方ばかりで感服です。

気のおけない雰囲気でとても楽しく粋に酔うことが出来ました。

ご馳走様でした。

Dsc08278

|

« すし善 本店 円山公園 札幌 | トップページ | 江の島展望台(展望灯台) 藤沢 »

アルコール・ドリンク」カテゴリの記事

グルメ」カテゴリの記事

レストラン」カテゴリの記事

コメント

調子に乗って、今日もコメントさせていただきます。
昭和30年代を思い起こさせるアンティークな感じの店ですね。
いくら串かつの王道があてはまらないといっても、この量では食べすぎの言い訳のような気がしました。
見たところ、2500Kcalありますね。

投稿: なんでんToshi | 2008/09/06 06:42

>なんでんToshiさん
こんばんは!
大正解!
1本づつ出すこと。
これ、串がすすむマジックです。
ちなみに今となっては具材がわからなくて、写真は撮ったけど、アップロードしていない串も何本かあったりします。(腹笑)

投稿: yas | 2008/09/06 18:07

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/216501/42392207

この記事へのトラックバック一覧です: 串カツ・ふらゐ専門 串の坊 銀座店:

« すし善 本店 円山公園 札幌 | トップページ | 江の島展望台(展望灯台) 藤沢 »