« 最近コメディーに感じたコト。 | トップページ | ふくの鳥 田町 »

2008/07/12

近距離恋愛 パトリック・デンプシー

先日、久しぶりに映画を見に行く機会がありました。

それが

  • 近距離恋愛

Dsc01445

最近、こういったラブコメディー的な映画にはとんとご無沙汰だったのですが、けっこう楽しめました。

※ここから先はネタバレ要素がありますので、

これからご覧になる方はご注意くださいませ。

結論からすると

とっても

  • アメリカナイズ(←私の元上司語録より)

された映画でした。

つまり

  • ハッピーエンド

ということ。

だって、アトムの最終回でアトムがなくなるストーリーを

「ヒーローが死ぬなんて受け入れられない!」ってストーリーを変更して放送するお国柄ですから。

しかし、最近のアメリカ映画のハッピーエンドっぷりは、

  • 周りの不幸を考えない傍若無人さ

がとっても目立ちます。

今回もスコットランドの公爵が「恋敵」として登場するのですが、その後の彼の人生を考えるととってもいたたまれないエンディングでした。

それと今回改めて考えさせられたのが、

  • 各国の文化の違い。

これを改めて認識しました。

スコットランドの風習をちょっとデフォルメして描いていたのだけれど、それは純粋に笑えましたが、これが日本だったらきっと、

  • サムライの格好か芸者の格好で両親が迎えて、
  • 文金高島田で結婚式、
  • たたみで正座をして
  • 納豆とかを食べさせられる

とかが描かれるんだろうなー。

でも最後は

  • 「マンハッタンがいい」

って言いつつパトリックデンプシーの元へ。

その後に残された日本人。。。

ま、映画にそこまでフォローを求めるわけではないので、別にいいんだけどさ。

一緒に見に行った中で女性グループの第一声は

  • 「面白かったー!」

だったので、F1層の女性には楽しめる1本ではないでしょうか。

その女性グループの会話の中で印象に残ったワードは、

  • 「幸せになるための27のドレス」より「ブリジット・ジョーンズの日記」のほうがリアリティがある。

ということ。

ふーん。なるほどねー。

男性から見ると、同じジャンルの映画でも、女性にとっては結構大きな違いがあるのねー。

機会がありましたらぜひ劇場でどうぞ。

近距離恋愛。本日より公開です。

|

« 最近コメディーに感じたコト。 | トップページ | ふくの鳥 田町 »

テレビ・映画・芸術」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/216501/41748115

この記事へのトラックバック一覧です: 近距離恋愛 パトリック・デンプシー:

» 『近距離恋愛』 [cinema!cinema!~ミーハー映画・DVDレビュー]
今月一番観たかった作品『近距離恋愛』を新宿武蔵野館で観てきました。劇場小さめのホールで作品の扱いがわかります。TOP10できなかった作品じゃ仕方ないのかもしれませんが。。。 ******************** TVドラマ「グレイズ・アナトミー」で人気のパトリック・デンプシ... [続きを読む]

受信: 2008/07/18 17:54

» 近距離恋愛・・・・・。 [銅版画制作の日々]
  友だち以上、恋人未満って言葉がありましたよね。 7月15日、東宝シネマズ二条にて鑑賞。主役の2人はどちらかと言えば、主役ぽい方たちではなく地味なキャラですよね。そうそうパトリック・デンプシーは最近鑑賞した「魔法にかけられて」でお馴染みの俳優さんです。あの時の彼は、王女が出会う理想の男性役だった。そいでもってなかなかいい男って感じだったんですが・・・・・。 突然のハンナの婚約に驚くトム。二人の、熱烈なキスに・・・・  ハンナの婚約者は完璧主義者コリン(ケヴィン・マクキッ... [続きを読む]

受信: 2008/07/20 23:29

» ★「近距離恋愛」 [★☆ひらりん的映画ブログ☆★]
今週の週末レイトショウは・・・ 「花男」か・・・「ゲゲゲの鬼太郎」でもよかったけど・・・ 早めに終わっちゃいそうのから先に。 「魔法にかけられて」のパトリック・デンプシーと「M:i:III」のミッシェル・モナハン主演のラブコメ。 ... [続きを読む]

受信: 2008/07/25 03:07

» 『近距離恋愛』 [京の昼寝〜♪]
□作品オフィシャルサイト 「近距離恋愛」□監督 ポール・ウェイランド □脚本 アダム・スティキエル、デボラ・カプラン、ハリー・エルフォント □キャスト パトリック・デンプシー、ミシェル・モナハン、ケヴィン・マクキッド、ケリー・カールソン、ビジー・フィリップス、シドニー・ポラック、キャスリーン・クインラン ■鑑賞日 7月20日(日)■劇場 チネチッタ■cyazの満足度 ★★☆(5★満点、☆は0.5)<感想> パトリック・デンプシーと言えば、僕にとっては『キャント・バイ・ミー・ラブ』だなぁ(笑) その間... [続きを読む]

受信: 2008/07/29 22:10

« 最近コメディーに感じたコト。 | トップページ | ふくの鳥 田町 »