« 藤沢に「ひょう」が降った日 | トップページ | モノの見方 その5 »

2008/03/28

駅そば風味缶 東京駅自動販売機

先日、東京駅に降り立ったときにジュースを買おうと、自動販売機へ。

Dsc02271

ここまでは、フツーの光景。

ですがよくよくみると驚愕の自販機がそこにはありました!

Dsc02274

なんと

  • 「駅そば」

えーーーー!

で、「関東風」と「関西風」とあるのですが、

なぜか、

「関東風」だけすべて売り切れなので、

Dsc02275

「関西風」を購入。

Dsc02268

1個300円。

すごいのは、

  • 常温で食べられる。
  • フォークもついている。

ところ。

ですが、缶をよく見ると、

「沸騰したお湯に60秒で美味食感」

Dsc02348

と書いてあるので、家に持ち帰って食べることにしました。

で、開けてみるとこんな感じ。

Dsc02338

うーん。

で麺はこんな感じ。

Dsc02340

で、気付きました。

Dsc02346

そばと言っても

  • 「蒟蒻麺」

だったのねー。

そこですべてのナゾが解けました!

  • そばがナゼのびないのか
  • なぜ「駅そば風味」と「風味」がついているのか
  • なぜカロリーが45kcalしかないのか

とかとか。

なので、行列の出来る品川駅東海道線下りホームの、

常盤軒の「駅そば」をイメージして食べるとかなりの格差に衝撃をうけます。

Dsc00353

あくまでもヘルシー蒟蒻麺として食べれば、

これはこれで、アリなのでしょう。

ご馳走様でした。

|

« 藤沢に「ひょう」が降った日 | トップページ | モノの見方 その5 »

グルメ」カテゴリの記事

鉄道」カテゴリの記事

コメント

昨日、とある宴会の景品で、この缶詰を見かけました。私は欲しくて欲しくて仕方なかったのですが、残念ながらその場ではゲットできませんでした。東京駅で手に入れてみます。
Yasさん、いつも情報と感動をありがとう。これからもよろしくお願いします。

投稿: 世田谷Pamp | 2008/03/28 11:32

>世田谷Pampさん
ぜひ1度手に入れてみてください。
イメージと味のギャップに驚くこと請け合いです。(笑)
こちらこそこれからもよろしくお願いいたします!

投稿: yas | 2008/03/29 15:54

なかなか面白い食べ物ですね。常盤軒というのは、うわさによりますと、品川丼というのが美味しいとか・・。ぜひ今度品川丼のレポートお願いします。もしよろしければ今度連れて行っていただければ幸いです。

投稿: 小日本人 | 2008/03/30 22:17

>小日本人さん
こんばんは!
常盤軒の品川丼はホントにB級グルメの王様ですよー。
海外から帰ってきて日本国内でまず最初に食したのが品川丼だったこともあります。(笑)
ぜひ今度行きましょう!

投稿: yas | 2008/03/30 23:12

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/216501/40611515

この記事へのトラックバック一覧です: 駅そば風味缶 東京駅自動販売機:

« 藤沢に「ひょう」が降った日 | トップページ | モノの見方 その5 »