« 忍亭 恵比寿 | トップページ | ジューサーミキサーを考える »

2008/02/20

うーめん処 なかじま 白石

  • 帯に短したすきに長し

ということわざがありますが、

  • 冷麦には細し、素麺には太し

という麺が宮城県白石名産の

  • 温麺(うーめん)

Dsc09589

この「うーめん」を食べに白石市へ行ってきた。

(と書くとカッコイイ感じですが、実は故郷だったりします。)

すでに21:00ごろには閑散とした白石駅前に

「うーめん処 なかじま」

があります。

Dsc09543

店内はこんな感じ。

有名人の色紙もいろいろ飾ってある。

Dsc09563

でカウンターのほうを見渡すと焼酎の数々。

Dsc09574

なので、マスターに早速オススメを聞いていただいたのがこちらの、

「百姓百作」。

Dsc09539

ロックで頼むと、お通しと一緒にお盆に乗ってやってきた。

Dsc09548

そのほかに、「塩辛」と「ダシ巻きタマゴ」と合わせていただく。

この「百姓百作」という焼酎、初めて飲んだけど美味しいなー。芋の香りと味が良く出ている。「芋好き」にはオススメの1品です。

Dsc09555

他にも「くじらの刺身」なんてメニューもあった。

Dsc09560

さて、2杯程ロックでいただいた後に、いよいよメインの「うーめん」をオーダー。

うーめんは蕎麦と同様に、「冷やしうーめん」と「温かいうーめん」と両方あります。

まずは「味3種うーめん天ぷらセット」。

Dsc09582

ちゃんと「天つゆ」と「うーめんのつゆ」が分かれているのがいい。

というのは素麺と違い粉を練るときに「油」を一切使わないのがうーめんの特徴でもあるので、天ぷらの油といっしょになるつけダレではうーめんのよさが味わえないんです。

つけだれは「ゴマ」、「クルミ」、「しょうゆ」ダレがあり、それぞれ良さがありますが。個人的には「クルミ」がオススメ。

そして「温かいうーめん」として「鍋うーめん」を注文。

Dsc09583

これは初めて食べました。

食べ方は

  • しょうゆダレを「とんすい」に入れる。
  • そこに鍋のダシ汁をレンゲで入れてこのみの味の濃さに。
  • つゆが完成したらうーめんを鍋に入れて一茹で。
  • 頃合いを見計らってとんすいのタレにつけていただく。

という流れですが、

これがとっても美味しい!!!

いままでこんな風にうーめんを食べたことがなかったのでとても新鮮でした。

「温麺」だけにとても「温まる味」だったりします。

ご馳走様でした。

|

« 忍亭 恵比寿 | トップページ | ジューサーミキサーを考える »

グルメ」カテゴリの記事

レストラン」カテゴリの記事

観光スポット」カテゴリの記事

コメント

わー、かなり美味しそうですね。
大人な感じが素敵です(笑)

値が張りそうですが(汗)

投稿: kozy | 2008/02/20 12:38

>kozyさん
こんばんは!
実は4人で行って飲んで食べて全部で1万円と、意外とリーズナブルでしたよ。
美味しかったですー!

投稿: yas | 2008/02/21 00:05

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/216501/40151393

この記事へのトラックバック一覧です: うーめん処 なかじま 白石:

« 忍亭 恵比寿 | トップページ | ジューサーミキサーを考える »