フォト

サントリーグルメガイド

トリップアドバイザー

記事検索

« 2時間で回る!冬の旭山動物園 攻略法(後編) | トップページ | 猫の手 »

2008/02/28

モノの見方 その3

仕事を進める上で、目の前に立ちはだかる障壁。

こんな大きな壁があると、誰しもがあきらめてしまいたくなります。

Dsc08273

実はこれが

  • 「木を見て森を見ず」

な状態。

ここで、深呼吸して一歩引いて、

  • 「大所高所」

から、改めて障壁をを見ると、

ゴールへの道のりが見えたりします。

Dsc08274

公園の遊具でも日々是発見です。

======================

話は変わります。

通常、「自分の家」というのは「やすらぎの場」であり、「仕事」という戦いを終えた「企業戦士」が羽を休める唯一の場所です。

Dsc08374

しかし、そんな安心して帰る場所もじつは危険にさらされていたりします。

Dsc08370

自宅の右手に「キケン」が迫っていることを知ったご主人は、

とっさに左手に回避しようとしますが、そちらにも「キケン」の魔の手が。

Dsc08372

デパートの屋上でも日々是発見です。

======================

こうして、会社ではビジネスを推進する際の障壁に悩み、

家では身のキケンを感じながら、一時も休まるときがないのです。

●結論

  • 「仕事」と「家庭」の両立はタイヘン。

●対策

Dsc00841

大概は、

「甘いモノ」が世の中をうまく回してくれるでしょう。

ご馳走様でした。

« 2時間で回る!冬の旭山動物園 攻略法(後編) | トップページ | 猫の手 »

あまり見ない光景」カテゴリの記事

ひとり言」カテゴリの記事

モノの見方」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/216501/40285093

この記事へのトラックバック一覧です: モノの見方 その3:

« 2時間で回る!冬の旭山動物園 攻略法(後編) | トップページ | 猫の手 »