« BUZZSEARCH グランスタ 東京 | トップページ | 鉄道博物館 展示編 »

2007/11/03

鉄道博物館 乗り物編 

10月14日にオープンした鉄道博物館に行こうと思っていたのだが、昨日ようやく念願かない、行くことが出来たので何回かに分けてレポートします。

※なので「鉄道」にまったく興味が無い方は面白くありません。オチもないし。(予定)

まずはいつも会社に行くより早く、7:30には家をでて「湘南新宿ライン」で大宮まで。

朝の東海道線はグリーン車もほぼ満席。すべての席が「緑ランプ」。

Dsc03448

1時間半ほど揺られて大宮駅に到着。サルでも解かるくらいいたるところに「鉄道博物館はこちら」の表記が。

Dsc03452_2 

とても親切。

そこからニューシャトルに乗って1駅目。9:35に到着すると、

Dsc03465_2

すでに200人以上の行列。

でも後ろを振り返るとTDLもビックリの行列スペースが!休日に来るときっとあのスペースも一杯になるんだろうなぁ。

Dsc03462

チケットを購入し、中へ。

Dsc03471

入ったら、まずすぐに整理券配布コーナーに直行。

Dsc03475

D51の運転シミュレータはすでに無かったが、

Dsc03492

なんとかミニ運転列車の12:00の整理券を入手することができた。

その後、シミュレータコーナーへ。

Dsc03515

京浜東北線の運転シミュレータにチャレンジ。

Dsc03507

やり方はとってもカンタン。

Dsc03510

90Kmくらい出すことも出来る。

京浜東北線以外にも、

Dsc03517

新幹線や、山手線もあります。

さらにレストランはあの「日本食堂」!懐かしいメニューが並んでいます。

ちなみに食堂車や車内販売で働くのが夢だったころもあります。

(私の知り合いで新幹線の車内販売でバイトしていた経験を持つ方がいます。うらやましい!)

Dsc03527_2

シミュレータを体験した後は「ミニ列車運転」まで時間があるのでジオラマコーナーへ。

Dsc03540

とにかくデカイ!

Dsc03544

夜のシーンになったり1日を通してのデモンストレーションがあります。

Dsc03547

子どもたちも真剣に見ています。しかし、脅威の「男の子率」!たぶん90%以上は男の子ではないだろうか。

さて、ジオラマを見た後は外にでます。

ミニシャトルは博物館の北館と中央館を結びます。

Dsc03565

で、北館には今回のメインイベントの「ミニ運転列車」が!

Dsc03594

まずは運転の仕方の説明を聞いて、

Dsc03600

列車に乗り込みます。「スーパービュー踊り子号」か、「成田エクスプレス」に乗りたかったのだけれど、当たったのは「埼京線」でした。

Dsc03623

「スーパービュー踊り子号」か、「成田エクスプレス」に乗りたかったのは警笛がメロディだから、という理由だけなんですが、この列車はその音も忠実に再現されています。

Dsc03612

運転台から。成田エクスプレスとすれ違います。

ちなみにこの博物館の立地は「鉄ちゃん」が考えたとしか思えない好立地!

Dsc03779

博物館をはさんで、右手に埼京線や高崎線の在来線、左手に、ニューシャトルや新幹線を見ることが出来ます。

Dsc03784

屋上からはこんな感じでリアル新幹線を楽しむことも出来ます。

さて、中に戻りましょう。

展示も充実しております。次回につづく⇒。

Dsc03532_2

|

« BUZZSEARCH グランスタ 東京 | トップページ | 鉄道博物館 展示編 »

鉄道」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/216501/16957328

この記事へのトラックバック一覧です: 鉄道博物館 乗り物編 :

« BUZZSEARCH グランスタ 東京 | トップページ | 鉄道博物館 展示編 »