« ザ・プレミアム カルピス | トップページ | スープカレー「心」 湘南台 »

2007/08/15

江ノ電の車窓から 著作権について

このブログを始めた時の宣言したことの1つに「動画」を使うというものがありました。いろいろ使っていくうちにやっぱり、

  • 高画質化、大容量化
  • 著作権の問題
  • 動画アップロードの簡便化

がクリアにならないと難しいかなー。と感じている今日この頃、皆様いかがお過ごしでしょうか?今年は熱い夏になりそうです。

その中でホントに動画文化の普及という見地での大きなハードルは、

  • 動画のアップロードって結構私のような素人でもブログに貼り付けるぐらい、簡単にできるところまで来ている。
  • 大容量化、高画質化もサーバーと回線とPCのスペックがこのまま増強されればいずれ解決されることだろう

とすると

  • 著作権

の問題が一番大きいと思う。

そんな各社の対応は、

  • 著作権に違反した作品を徹底監視により削除
  • 通報制度

といった「こちらでも監視していますが、著作権を侵害した作品を見つけたら連絡くださいねー。」という、あくまでも「リスク回避型対応」。しかしヤフーはこの解決方法を大きく覆す策に出た。それが「みなさん動画UPしてくださいー。著作権のあるBGM等をUPしたらこちらで代行して著作権料をお支払いしておきます。」といういわば「相互繁栄協調型」。とでも言おうか。

つまり、前者は

  • ジャイアンが「お前ら著作権侵害の作品をUPするんじゃねーぞ!」

って言っているだけなのに対して

後者は

  • 出来杉くんが「みんなでどうやればお互いのメリットになるか考えようよ!」

って言う感じ?うーん今日はうまくたとえることが出来ないのだが。

この動画は何の変哲も無い江ノ電の車窓というか、運転手の後ろから夏休みの子ども達に負けじと「かぶりつき」で撮った動画である。ただそれだけ。だけど

  • 高画質になればもっと車窓からの江ノ島がきれいに写る。
  • 著作権がクリアになればお気に入りのBGMをつけることが出来る。

つまり「出来杉くん方式」になればまずは自分で演奏した曲が可能になり、将来はCDからの音源も使用が可能なるよう個別交渉をすすめていくとのこと。

ちなみにこの動画は江ノ電の沿線の中でも人気の高い湘南海岸を一望できる「鎌倉高校前駅」から道路と一緒に走る区間を経て「江ノ島駅」までの運転席からの眺めを、サザンオールスターズの「希望の轍」の曲の長さと同じ4分13秒に動画編集してあります。音源をお持ちの方はBGMとして合わせて再生してみてくださいませ。動画の印象がまったく変わるはずです!

きっとこんなところから新たな「動画文化」が育つのではないかと期待しております。がんばれヤフー!親会社の「ホワイトプラン」よりすごいアイデアだと思っております。心より応援しております。

Dsc00970

蛇足だけど、権利を主張するTV局のほうもTV局で

小島よしおの動画がYouTubeで世界第5位の視聴数になったんですよ!」

って大半が違法投稿の視聴数を紹介するのはいかがなものかと。日経新聞にも同じようなことが書いてあったが、逆にYouTubeに番組が取り上げられることによって、「こんなに早く小島よしお」をこの番組ではフィーチャーしていたんだ、とかステイタスがあがったりすることもあるらしい。だったら最初から動画サイトと結託してフリーにすればいいのに。そこで火がつけば今度はYouTubeの小さい画面ではなくてきちんとTV番組を見ようと思うはずです。まあクリアするにはさまざまな法的制約があって一朝一夕には行かないのでしょうけど。

と考えながら江ノ電に揺られ、暑い夏を過ごしています。

Dsc00962

|

« ザ・プレミアム カルピス | トップページ | スープカレー「心」 湘南台 »

マーケティング・広告」カテゴリの記事

動画」カテゴリの記事

旅行」カテゴリの記事

湘南生活おすすめイベント/スポット」カテゴリの記事

観光スポット」カテゴリの記事

鉄道」カテゴリの記事

コメント

まったく、おっしゃるとおりでこの著作権というのが非常におっくうですよね。動画にミュージックというのはみんながやっていることだと思うのですが、これがなかなか。

こんな動画から音楽データを吸い出してウォークマンで聞こう!なんてことをする人なんていないと思うんですが。。。(^_^;)

動画の違法アップロードは私も同意見です。今のところアップロードされた動画をさも自慢げに見つけた!なんていう人がいますが、モラルが動画共有に関してだけ、全員おかしいですよね。

投稿: daizo | 2007/11/27 17:54

>daizoさん
こんばんは。ココまで深い記事までたどり着いて読んでいただき感謝です!
動画共有はもっとこれから社会全体で考えるべきだと思います。動画文化が根付いてきつつあるときに変な方向に規制がはいらないように願うばかりですー。

投稿: YAS | 2007/11/28 00:59

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/216501/16119513

この記事へのトラックバック一覧です: 江ノ電の車窓から 著作権について:

« ザ・プレミアム カルピス | トップページ | スープカレー「心」 湘南台 »